PR

自律走行車のコンセプトモデルが、どれも「車輪のついたトースター」のようなデザインになる理由

PR

 ハンドルやペダル類のない自律走行車のコンセプトモデルを、自動車メーカーからスタートアップまでさまざまな企業が発表している。だが、その多くはトースターを思わせる箱型だ。この形状には、いったいどんなメリットがあるのか?

TEXT BY AARIAN MARSHALL

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(US)

2014年設立のズークスは今年6月にアマゾンに12億ドル(1,240億円)で買収された。PHOTOGRAPH BY ZOOX
2014年設立のズークスは今年6月にアマゾンに12億ドル(1,240億円)で買収された。PHOTOGRAPH BY ZOOX

未来の世界にようこそ。どうぞこちらの“トースター”へ--。

自律走行車の開発を手がけるズークス(Zoox)が、自動運転する電動のロボットタクシーを2020年12月14日に披露した。ズークスはアマゾンに12億ドル(1,240億円)で買収されたことで注目されているが、6年の歳月を費やして開発された同社の車両は、どこかで見たような形をしている。

これまでに自動車メーカーからエンジニアリング会社、配車サービス企業、スタートアップまで、さまざまな企業が自律走行車のコンセプトモデルを発表してきた。そのほとんどすべてが、箱のようなデザインになっている。

これには「形態は機能に従う」という言葉が当てはまるのだろう。業界の専門家はかなり前から、公道を走る最初の完全な自律走行車はライドシェア向けの電気自動車(EV)になると予想してきた。つまり、複数の乗客を乗せて都市を走り回るわけで、ハンドルやペダル類がいらないので車内空間は広くなる。

ズークスの共同創業者で最高技術責任者(CTO)のジェッセ・レビンソンは自社のロボットタクシーのデザインについて、「車内を最大限に広くすると同時に、車体をなるべく小型化すると決めていました」と説明している。

前後どちらにも自動走行

ズークスは将来的に、この車両をサンフランシスコやラスベガスなどで運用していく計画だ。ミントグリーンのEVは前後どちらにも進むことができ、回転半径が小さいので小回りが利く。1回の充電で最大16時間の走行が可能で、最高速度は時速75マイル(同約120.7km)と、箱のような形の乗り物としてはかなり速い。

具体的な運用開始時期は明らかにされておらず、レビンソンは現時点ではまだ自動運転ソフトウェアの改良を続けていると語る。なお、同社は2017年からトヨタのSUV「ハイランダー(日本名:クルーガー)」を使ってサンフランシスコで自動運転ソフトウェアの開発を続けている。

公道走行の開始が遅れていることから、まずは配送車としての利用も検討されているようだ。仮にロボットタクシーが安全面で不安であると判断して、本来は左折すべき交差点で右折して回り道になっても、相手が荷物なら人間とは違って文句は言わないだろう。

箱型のクルマなら、人間でも荷物でもうまく納まるので問題はないはずだ。それでもズークスは、アマゾンによる買収後も人員輸送に注力していく方針に変わりはないと説明している。一方でレビンソンは、「わたしたちのプラットフォームではさまざまなことができます」とも発言している。

トヨタもモジュール式のモデルを開発

箱型というデザインに話を戻そう。ゼネラルモーターズ(GM)の傘下で自動運転技術を開発するクルーズは2020年1月、「Origin」という名の6人乗りの自動運転EVを発表している。

焼けた赤土を上にかけた立方体のようなOriginの外観について、ハードウェア担当バイスプレジデントのカール・ジェンキンスは「もし従来のようなクルマがまったく存在しなかったら」という前提でデザインしたと説明する。ジェンキンスによると、Originの温室効果ガスの排出量は通常のSUVと同程度だが、積載量はSUVより多い。

これに対してトヨタ自動車が18年に発表した自動運転EVのコンセプトモデル「e-Palette」は、内装がモジュール式になっており、人や物の輸送だけでなく移動型の商業施設に変身させることもできる。20年の東京オリンピック・パラリンピックで選手の移動に使われるはずだったが、五輪は新型コロナウイルスの影響で延期になってしまった。トヨタはその後、eパレットに関する新しい情報を特に明らかにしていない。

このほかにもOptimus RideやMay Mobilityといった自動運転のスタートアップが、箱型モデルを開発している。

「箱型」は安全で低コスト

箱型のデザインには、いくつか利点がある。自律走行車はレーダーのほか、レーザー光を用いた「LiDAR(ライダー)」やカメラなどのセンサーで車両の位置や周囲の状況を把握する。箱型だとセンサーの視界をさえぎるものが減るだけでなく、同じところを複数のセンサーで確認できるので安全性が高まる。ズークスのロボットタクシーの場合、箱のそれぞれの頂点に視野角270度のセンサー機構が取り付けられている。

Optimus Rideの最高経営責任者(CEO)のショーン・ハリントンは、「コスト効率と同時に高度なパフォーマンスと安全性を確保することが重要なのです」と語る。つまり、箱型はより安全でコストも低いのだ。

それに箱型という形状は、EVの機構に合う。自動運転を手がける企業の大半は最初のモデルとしてEVを選択しているが、内燃機関を用いる従来型のクルマはエンジンとドライブトレインがあるのに対し、EVはパワートレインだけですべてが完結する。パワートレインはコンパクトで、ズークスのロボットタクシーのような小型車両でも床下にきちんと収まる。

もちろん、箱型ではないクルマを使う企業もある。グーグルの親会社であるアルファベット傘下のウェイモ(Waymo)はアリゾナ州フェニックスの中心部で自動運転の配車サービスを運営するが、17年にはそれまで開発していたミニカーのような車両「Firefly」をあきらめる決断を下した。

ウェイモは自社ブログで、ミニバン「クライスラー・パシフィカ」や電動SUV「ジャガー I-PACE」のような市販車を利用することで「より多くの人に完全な自動運転技術を素早く届ける」ことが可能になると説明している。なお、フェニックスの配車サービスは自動運転ではあるが、不測の事態に備えて各車両に安全確認要員が同乗している。

Uberの自動運転技術部門を買収したオーロラ・イノベイションは、どんな車両にも搭載可能な自動運転技術を開発するスタートップである。ただし、商業展開では人ではなく貨物を運ぶところから始めるという。

親しみやすさというメリット

箱型のデザインにもうひとつ利点があるとすれば、それは威圧感がなく、むしろ可愛らしく見える点だろう。速度を追求するための空気力学を完全に無視したその形状は、安全と安定を思わせる。人々に脅威を感じさせるようなテクノロジーには、こうしたビジュアルのほうがいいだろう。

市場調査会社Guidehouse Insightsのアナリストであるサム・アブールサミドは、「テスラの『Cybertruck』のようなクルマに自動運転で運んでもらいたいとは思わないでしょう」と言う。これに対し、大きな窓のある箱型の乗り物は、「よろしければどうぞ」と呼びかけてくるようである。

この記事を共有する

おすすめ情報