PR

iPhoneで撮った写真を自在に編集、新しい撮影機能「ProRAW」はこう使う

PR

 アップルの「iPhone 12 Pro」シリーズのカメラ用に、新たな撮影機能「ProRAW」が追加された。標準フォーマットよりはるかに多くのデータを含むこのファイル形式の大きな利点は、編集段階でもっと多くの微調整が可能になる点である。この新たな機能の活用法を伝授しよう。

TEXT BY JULIAN CHOKKATTU

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY APPLE
PHOTOGRAPH BY APPLE

アップルのiOS 14の最新バージョンで、「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」のカメラ用に「ProRAW」という機能が追加された。写真を撮るのが好きな人もそうでない人も、ぜひチェックしてみたい新しい機能である。

ProRAWを使うと、iPhoneの標準フォーマットよりはるかに多くのデータを含むファイル形式で写真を撮影できる。その大きな利点は、編集段階でもっと多くの微調整が可能になる点だ。アップルは標準設定ではこのProRAWを無効にしているが、簡単にオンにして使い始めることができる。だが、まずは「RAW」とは何なのかについて、ざっと説明しておこう。

「ProRAW」を活用する利点

画像フォーマットの「JPEG」について知っている人は多いだろう。ほとんどのスマートフォンや一部のプロ仕様のカメラですら、写真のファイル形式にJPEGを使っている。JPEG形式が最もよく使われているのは、画質に劇的な影響を及ぼすことなくデータを圧縮し、画像ファイルのサイズを小さくできるからだ。

「HEIC」にも同様の利点がある。HEICはアップルが採用しているJPEGより新しいフォーマットで、良好な画質を維持しながらもJPEGよりファイルを小さくできる。

ところが、JPEGの写真をInstagram上や写真編集アプリで編集する際には、微調整できる範囲が限られてくる。例えば、露出オーバーの空を直すことはできないかもしれない。これはJPEGとHEICでファイルを圧縮する際に大量のデータを削除してしまうので、調整できる画像データがあまり残っていないからだ。

プロのカメラマンの大半が「RAW」フォーマットで写真を撮影するのは、これが理由である。RAW形式は無損失、つまりカメラのセンサーから得られた未加工の画像データを保持している。そして、より豊かなデータセットをもっていることで、白飛びした空を直したり、ホワイトバランスを正したり、植物や人をより自然な色に調節したりといった修正作業において大きな違いを生むことができるのだ。

その代償はファイルのサイズである。RAW画像のデータは、JPEGやHEICの数倍にもなってしまう。

iPhoneで本格的に写真を撮りたければ、しばらく前から「Halide」のようなサードパーティのアプリを介してRAWでの撮影はできた。しかし、アップルの心機能であるProRAWは、ほかのカメラアプリを使う必要がない点が特別である。

ProRAWの画像は、iPhoneに標準装備されている「カメラ」アプリで撮影できる。しかもProRAWは、iPhoneに組み込まれているアップルの高度なコンピュテーショナルフォトグラフィー機能をすべて活用しているのだ。このため、ノイズの低減や「Deep Fusion」に加え、シャッターボタンをタップする前後のコマを合成して適切な露出の写真をつくる「スマートHDR」といった機能の恩恵を受けることができる。

JPEGとHEICはすぐに共有できる処理済みの画像で、RAW写真は編集できる未処理画像だが、ProRAWはその中間にあたる。画像はいくらか処理されているので、RAW画像よりも楽なスタートラインに立てる。それでいて、彩度やコントラスト、露出その他のパラメーターを補正する際には、編集の選択肢が広がる。

ProRAWの使い方

この新機能を利用できるのは、「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」のみである。その他の「iPhone 12」シリーズでは利用できず、より高機能(でより高価な)モデルのみとなっている。

ProRAWで撮影する準備は非常に簡単だ。まず、iOSをアップデートする必要がある。この機能は「iOS 14.3」で追加されたので、最新バージョンに更新しよう。「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」の順にタップしてインストールする。いつものように、アップデートする際にはあらかじめ念のためにiPhoneのバックアップをとっておきたい。

インストールが終わったら、「設定」>「カメラ」>「フォーマット」 をタップしてから「Apple ProRAW」をオンにする。これでカメラのアプリを開くと、「RAW」アイコンが右上にあり、斜線が入っているはずだ。これはProRAWがオフになっていることを意味しており、カメラはHEIC/JPEG画像を撮影する設定になっている。「RAW」アイコンをタップするとRAW形式の写真を撮ることができ、もう一度タップするとHEIC/JPEGの撮影へと戻る。

カメラのProRAWが常にオンになっている状態にしておきたければ、設定を保存する必要がある。「設定」>「カメラ」>「設定を保持」の順にタップしてから「Apple ProRAW」をオンにする。ただし、常にProRAWを使うことには慎重になってほしい。例えば、HEICモードで撮った写真は2.5MBだが、同じ写真をProRAWモードで撮ったものは29MBだ。いつもRAWで撮っていれば、iPhoneのストレージをまたたく間に消費することになる。

ProRAWで撮影した写真はDNGファイル形式(RAWの一種)を使用するので、「Adobe Photoshop Lightroom」のようなさまざまな写真編集アプリを使用できる。だがもちろん、アップルの「写真」アプリもDNG形式に対応している。ProRAW画像を撮ったら、「写真」アプリの左上に「RAW」アイコンが表示される。編集ボタンをタップすると、しかるべきProRAW画像が表示されるので、心ゆくまで微調整できる。

SNSプラットフォームの大半はDNGファイルをアップロードさせてくれないので、共有する際は基本的にあらかじめ画像を編集しておく必要がある(「写真」アプリは画像をあとで自動的にJPEGに変換してくれる)。ProRAW画像は自撮りカメラを含め、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのすべてのカメラで撮影できる。

ProRAWを使うべきタイミング

ProRAWは必ずしも写真をきれいに見せるわけではないと知っておくことは重要だ。求める仕上がりに写真を近づけてくれる可能性を開くものではあるが、特定のライティング状況では、ほとんど違いをもたらさないかもしれない。

ProRAWをオンにしたほうが好ましい状況を如実に示しているのが、以下の例だ。中央がProRAWをオンにせずに撮影した未編集のファイルである。ノイズが多く、暗すぎる部分が数カ所ある。

次に、それを編集しようとした結果(右の写真)を見てほしい。むしろ悪化しているのだ。画像を明るくしたことで街灯が明るくなりすぎた上に、ほかの部分はシャープネスが強くなりすぎたり、彩度が高くなりすぎたりして、不自然に見え始めている。

ProRAWの画像(左端)を見てほしい。「写真」アプリで編集した(このため現在はJPEG形式になっている)のだが、まるでまったく別のカメラで撮影したかのように見える。リアルな仕上がりだ。色は自然だし、ほかの2枚のようにノイズだらけということもなく、闇に包まれていて見えないわけでもない。

ProRAWの利点は、光量が少なくてハイコントラストな場面でより明白になることがわかったが、試しにいろいろ実験してもらいたい。ProRAWモードとHEIC/JPEGモードは簡単に切り替えられるし、写真を編集し始めると、たやすく違いがわかる。そのうちに、より多くのデータをイメージセンサーが捉えることができて編集時の柔軟性が高まる、もっと大きなプロ仕様のカメラを使ってみたくなるかもしれない。

この記事を共有する

おすすめ情報