PR

全長150km超の巨大氷山が南大西洋の島に衝突? 生態系への影響で懸念されていること

PR

 全長約151km、幅が約48kmもある超巨大な氷山が漂流を続けており、英領サウスジョージア島に衝突する可能性が出てきた。海鳥やペンギン、アザラシなどの繁殖地付近に漂着することになれば、生態系に深刻な影響を及ぼす可能性がある。

TEXT BY ERIC NIILER

TRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(US)

DARRELL GULIN/GETTY IMAGES
DARRELL GULIN/GETTY IMAGES

巨大な氷山が、南極から英領サウスジョージア島へと真っすぐに進んでいる。南大西洋のはずれに浮かぶこの島は、数百万もの海鳥、ペンギン、アザラシたちのすみかだ。その繁殖地付近に、米国のデラウェア州の面積ほどもある巨大な氷の塊が居座ることになれば、これらの生物たちが陸と海を行き来するルートは閉ざされてしまうかもしれない。

「A-68A」の正式名をもつこの氷山は、2017年9月に南極大陸のラーセン棚氷からはがれ落ちて以来、北に向かって蛇行しながら漂流を続けていた。全長94マイル(約151km)、幅30マイル(約48km)ほどの「A-68A」はサウスジョージア島全体とほぼ同じ大きさで、このままでは20年12月ごろ島にぶつかると見られている。

「氷山は1日でその全長と同じ距離を移動することもあります」と、ブリガムヤング大学遠隔探査センター長のデイビッド・ロングは言う。同センターのデータベースには、観測衛星による南極の氷山の追跡記録が大量に保存されている。「12月ごろというのは妥当な見通しだと思いますが、衝突の日時を正確に言い当てることは困難です」

巨大な氷山の“被害”

サウスジョージア島は、英国の探検家アーネスト・シャクルトンの永眠の地として知られる。

1915年の南極遠征で不運な事故に見舞われた彼は、2名の隊員とともにこの島に上陸し、険しい山々を踏破した末に捕鯨基地にたどり着く。彼はそこで救助隊を組織し、700マイル(約1,127km)離れた別の島に取り残された部下たちを、見事に救い出したのだった。その後の南極探検で再びサウスジョージア島にやって来たシャクルトンは、22年にこの地で心臓発作により帰らぬ人となった。

サウスジョージア島が位置している地点は、巨大な氷山を南極大陸から北上させながら赤道付近へと運ぶ潮流のちょうど中間にある。小さな氷山はたいてい途中で崩れたり溶けたりするが、大きいものは何年も原形を保ち続けることがある。

04年にサウスジョージア島沖を漂流し続けた氷山「A38-B」は、結果的におびただしい数のアザラシの子どもや若いペンギンの命を奪った。また18年には、「B-15」と名づけられたジャマイカ島ほどの大きさの氷山が18年にわたり南氷洋を漂った末に、赤道近くで砕け散るという出来事があった。ロングによれば「A-68A」は北上を続けており、やがて島に衝突するか、あるいは付近を通過するか、どちらの可能性もあるという。

ペンギンにとっての最悪のシナリオ

海辺の岩場に巣をつくるウミツバメ、アホウドリ、クジラドリといった海鳥や、ヒゲペンギン、ジェンツーペンギン、オウサマペンギンなど、サウスジョージア島には多くの鳥類が生息している。海岸線には、交尾期のピークを迎えた何万頭ものゾウアザラシ、ヒョウアザラシ、ウェッデルアザラシがひしめき合っている。

アザラシやペンギンにとって、海辺は大切な繁殖と子育ての場であり、魚を捕るには海への自由なアクセスが必要になる。だが、海上を漂う氷山のせいで、そのルートが遮断されてしまうかもしれないのだ。

たとえ海へのアクセスが完全に断たれなかったとしても、ペンギンの親たちは子どもに食べものを運ぶために、氷の上を歩いて渡らなければならなくなるかもしれないと、ルイジアナ州立大学で海洋学と沿岸科学を専門とする准教授のマイケル・ポリートは指摘する。ペンギンは短い距離を歩くことはできるが、長距離を歩けば体力を奪われ弱ってしまう。氷山の周りを大きく迂回することを強いられれば、「ペンギンたちの繁殖力や子どもを育てる力が損なわれる恐れがあります」と彼は言う。

しかし、ペンギンにとって最悪のシナリオに見えることが、ほかの生き物に幸せをもたらす可能性もあるとブリガムヤング大のロングは指摘する。氷山が溶け始めれば、そこには海の生き物たちをもてなす「海上のサラダバー」が出現するというのだ。

「氷山というものは、大気中のちりやほこりを取り込んで、かなり汚れているものなのです」と、ロングは言う。「氷が溶け始めると、そうしたちりやほこりが海に流れ込みます。海に浮かぶ氷山の周辺ではさまざまな命が育まれ、そこに発生したプランクトンがカタクチイワシやオキアミを引き寄せます。食物連鎖のもっと上位にいる生き物たちも集まってきます。動物たちは氷山に近づきたがりますが、それは豊富な栄養がそこにあるからなのです」

ペンギンたちは長い距離を歩いて食糧を確保することになるかもしれない。だが、アザラシや海鳥などほかの生き物たちは、おそらく氷の下を泳ぐ小魚やエビに似たオキアミを、たっぷり食べられるはずだ。

衝突後の氷山は砕け散る?

この島の住人は野生動物だけではない。サウスジョージア島には英国の研究基地が置かれているが、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)により、島に滞在する科学者や好奇心旺盛な旅行者の数は一時的に減っている。

英政府当局は960マイル(約1,545km)ほど離れたフォークランド諸島からドローンや飛行機を飛ばして「A-68A」の動きを監視している。サウスジョージア島には滑走路がなく、またヘリコプターで往復するには遠すぎる。このため島に残った少数の研究者たちは、氷山の動きを見守りながら、自分たちのいる側に衝突しないことを祈っているに違いない。

非営利の環境保護団体「フレンズ・オブ・サウスジョージア・アイランド(Friends of South Georgia Island)」代表のデニーズ・ランドーは、20年秋から数カ月間この島に滞在し、環境保護活動と観光客向けの小さな博物館の運営に取り組むはずだった。それができなくなったことから、彼女は離れた場所から氷山の進路を見守り続けている。ランドーによると、ペンギンやアザラシのほとんどは、ニューヨークのロングアイランドに似た地形の北側の海岸でコロニーを形成しているという。

「おそらく氷山は、島に接近し始めたと思う間もなく、海岸に乗り上げるだろうとわたしたちは考えています。過去の例もみなそうでした」と、コロラド州カーボンデールで環境保護団体を運営するランドーは言う。「そうなれば氷山は砕け散り、陸に流れ着いた氷河と同じように海岸は小型の氷山でいっぱいになるでしょう。そのせいで、ペンギンやアザラシはいつもより長い距離を移動して海に食べものを探しに行かねばならなくなるかもしれません。あるいは、そうならない可能性もあります」

ランドーらは、島に暮らす鳥たちの今後に大きな関心を寄せている。彼女は島に繁殖したネズミを駆除するプロジェクトに10年がかりで取り組んだことがある。鳥たちにとってネズミは、卵を狙う最大級の脅威だった。18年以降、サウスジョージア島からネズミは消え、鳥の数は増え続けているとランドーは言う。

加速する温暖化の影響

しかし、全体的に気温が上昇している南極西部の半島沿いや、アムンゼン海のように棚氷が薄くなって崩れて海に落ちやすくなっているエリアでは、流れ出す巨大氷山の数は徐々に増え、別のかたちで島の生き物たちの生命を脅かしている。そう語るのはコロンビア大学ラモント・ドハティー地球観測研究所の科学研究員であるスタンリー・ジェイコブスだ。

ひとつの州や都市ほどの巨大さをもつ「A-68A」のような氷山はまだ珍しく、通常10年に一度くらいしか発生しない。しかし南極から氷が溶け出す割合は増えている。米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)の資金提供を受けて実施された国際気候調査によると、南極の氷の減少率は12年から18年の間に3倍に増え、その期間だけで世界の海面上昇幅は3mmを超えたという。

20年2月に18℃を超える過去最高気温を記録した全長600マイル(約966km)の南極半島では、温暖化がさらに加速している。急速な温暖化に伴い、地球上の気温は過去50年でおよそ2.8℃上昇した。半島沿いの海岸を覆う氷河付近の気温は08年以降、加速的なスピードで上昇している。

「A-68A」が島に衝突したときに何が起きるかは、そのときの海の状態によって大きく異なるとジェイコブスは言う。大しけの日や満潮時であれば、氷山は浅瀬に押し上げられて長期間そこにとどまる可能性もあるという。

ジェイコブスは言う。「海岸に乗り上げた大きな氷山が、10年以上もそのまま溶けずにいた例もあります。しかし、どんな氷山もいずれは底のほうから溶け始め、再び動き出すはずです」

この記事を共有する

おすすめ情報