PR

アップルの独自チップ「M1」を搭載、3つの新しいMacの中身

PR

 アップルがオンラインイベントを開催し、ARMベースの独自チップを搭載した新しい3モデルのMacを発表した。詳細が明かされた次期OS「macOS Big Sur」と合わせて、発表の主な内容を紹介しよう。

TEXT BY BOONE ASHWORTH AND MICHAEL CALORE

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY APPLE
PHOTOGRAPH BY APPLE

アップルが今年9月以降に新しい「Apple Watch」から「iPad」「HomePod」、そして「iPhone 12」シリーズまで次々と発表したことで、もうカリフォルニア州クパチーノへのバーチャルな“訪問”はないだろうと思っていた。

ところがアップルは、まだ“お宝”を隠していた。この秋に3回目となるオンラインイベントを11月10日(米国時間)に開催し、今度は新設計のPC用プロセッサーの発表と同時に、独自チップを搭載した新しい3モデルのMacを披露したのだ。さらに、次期macOSとなる「macOS Big Sur」についても詳細が明らかにされた。以下に今回の発表の主な内容を紹介しよう。

1.アップルの独自チップ「Apple Silicon」

今年に入ってアップルは、これまでのMacに採用してきたインテル製のプロセッサーから脱却し、独自設計のチップをMacに搭載することを明らかにしていた。今回のイベントでは、その最初のチップを発表している。アップルはこの新型チップを「M1」と名付け、プレゼンテーションでは新設計によるパフォーマンスと電力効率の高さを強調した。

アップルは独自チップの設計を約10年にわたって続けてきたが、これまでは主にモバイル製品や家庭用機器などに限って採用してきた。具体的には、iPhoneやiPad、Apple Watch、ヘッドフォン、HomePod、そしてApple TVである。そして今回の発表では、Mac用に設計されたアップル製チップが初めて登場した。

アップルは今後、同社のすべてのコンピューターを独自チップへと移行していくことを明らかにしている。2021年には、アップルのデスクトップPCやノートPCのすべてが独自チップに切り替わる見込みだ。

2.M1チップ搭載の「MacBook Air」

独自チップ「M1」を搭載した最初のMacが、この11月に発売される。そのひとつが13インチのディスプレイを搭載した「MacBook Air」だ。価格は999ドル(日本では税別10万4,800円から)ですでに受注が始まっており、11月17日に発売される。

アップルによると、M1チップを搭載したMacBook Airは大幅に高速化されており、前世代比でCPUのパフォーマンスが3.5倍、グラフィックスパフォーマンスは5倍だという。これに対してバッテリーの持続時間は最大18時間となっている。

またファンレス設計であることで、パフォーマンスの向上を発熱の問題なしに実現したという。キーボードとディスプレイには変更がないように見えるが、内蔵されたカメラの画質は向上している。このため少なくとも延々と続くZoom会議の画質は、これまでより多少は向上するだろう。なお、本体には2つのThunderbolt/USB4ポートがあるが、充電と拡張に使えるポートはこれだけである。

アップルは今年の春に新型MacBook Airを発売したばかりだが、新モデルの発表に伴って販売は終了している。このため、いまからオンラインの「Apple Store」にアクセスして購入できる新品のMacBook Airは、M1プロセッサーを搭載したモデルに限られる。

3.M1チップ搭載の「Mac mini」

今回の発表で大きな驚きだったのは、Mac miniの刷新だろう。MacBook Airと同様に受注が始まっており、11月17日に発売される。ストレージに256GBのSSDを搭載しRAMが8GBのモデルは699ドル(日本では税別72,800円)からで、メモリーやストレージの拡張に応じて価格が上がる。

この小さなデスクトップPCは銀色のブロック形で、角は丸く、外付けハードドライブよりわずかに大きい程度のサイズとなっている。アップルによると、M1チップの搭載によってパフォーマンスは前世代比で3倍になっている。さらにアップルによると、マルチタスクやリソースを大量に消費するソフトウェアの実行能力が大幅に改善された。例えば「Final Cut Pro」でのビデオのレンダリングは、これまでの6倍になっているという。

本体には2つのThunderbolt/USB4ポートとHDMIポート、2つのUSB-Aポートが装備されている。一度に2台のモニターを接続可能だが、1台はHDMIポート経由での接続となることから、最大解像度は4Kに制限される。

4.M1チップ搭載の「MacBook Pro」

モバイル環境を必要とするクリエイティブな人々も、当然のことながら新しいチップの性能の恩恵にあずかれる。M1チップを搭載(そしてTouch Barもある)新しい13インチ版「MacBook Pro」は、1,299ドル(日本では税別13万4,800円)から発売される。これは新モデルが置き換えることになるインテル版のモデルと同じ価格だ。

アップルがほかの機種で主張したようなM1チップの処理速度と電力効率の改善は、新しいMacBook Proにも当てはまる。M1チップを搭載したMacBook ProはCPUとGPUのパフォーマンスが高速化しており、バッテリーのもちは最大20時間になるという。本体には2つのThunderbolt/USB4ポートが装備される。

MacBook AirやMac miniと同様に新しいMacBook Proも受注が始まっており、11月17日に発売される。ちなみにMacBook Proの16インチモデルには、まだM1は搭載されていない。現段階ではコンパクトな機種だけに採用されている。

5.M1に最適化された「macOS Big Sur」

Mac用の次期OS「macOS Big Sur」は数カ月にわたってベータ版の段階にあったが、ようやく最終的なリリースが決定した。11月12日(米国時間)から無料ダウンロードが可能になる。

この次期OSは、アップルの独自チップであるM1での動作を念頭に開発された。アップルにによると、M1チップによってシステムの応答性能が以前の2倍になり、Final Cut Proや「Logic Pro」といったアプリの性能が大幅に強化されるという。

重要な点として、macOS Big SurはM1チップを搭載したMacのみならず、インテルのチップを搭載したモデルでも動作する。このため、OSの進化や改善を実感するために新しいMacを購入する必要はない。

macOS Big Surにおける最も大きな変更点は、デザインの刷新である。例えば、アプリのアイコンはiOSのように丸みを帯びており、メニューバーは透明になって背景が透けて見える。要するに新しいデザインは、アップルの3つのOS(macOS、iOS、iPadOS)の一体化を象徴しているのだ。

新OSの導入によってアップルが目指していることは、ユーザーとアプリ開発者の双方にとってのプロセスの合理化である。これからはMac用アプリはモバイルでも動作し、その逆も可能になる。デバイス間の切り替えも(願わくば)シームレスになる。

そのためにアップルは、独自チップとインテルのチップの両方で動作する「ユニバーサルアプリ」という仕組みも発表した。この仕組みに対応したアプリは、2015年モデル以降のMacBookシリーズとの互換性が求められる。

またアップルは、いつものように新OSでも明確にプライバシーへの配慮を打ち出している。この取り組みの一部をアップルは、今夏の開発者向けカンファレンス「WWDC」で新OSを発表した際に発表している。

全般的にユーザーは、サードパーティーのアプリやウェブサイトが収集する情報を、さらに細かく制御できるようになる。例えば「Privacy Report」という機能は、Safariにポップアップ表示される広告トラッカーをアクティブに追跡してログを保存し、ウェブサイトがユーザーのデータを収集しようとした回数をユーザーに通知する仕組みだ。

この記事を共有する

おすすめ情報