PR

ディズニー出身のベテランアニメーターは、こうしてNetflixで長編アニメ「フェイフェイと月の冒険」を生み出した

PR

 ディズニー出身のベテランアニメーターが監督として手がけたNetflixの新作アニメーション「フェイフェイと月の冒険」。ディズニーで培われた経験が生かされており、微細な表情が印象的な作品に仕上がっている。

TEXT BY AMIT KATWALA

TRANSLATION BY YASUKO BURGESS/GALILEO

WIRED(UK)

IMAGE BY NETFLIX
IMAGE BY NETFLIX

グレン・キーンは40年近くをディズニーのアニメーターとして過ごし、最も愛される数々のディズニーアニメ作品の制作に携わってきた。ところが、そんなキーンの長編アニメ監督デビュー作が公開されたのはディズニーではない。ストリーミング戦争でディズニーと火花を散らす最大の敵、Netflixだ。

キーンが手がけたNetflixのアニメーション「フェイフェイと月の冒険」は、ディズニーの名作の流れをくむミュージカルアニメだ。中国の神話に登場する女神「チャンウー(嫦娥)」の伝説がベースとなっており、その言い伝えを信じる主人公の少女フェイフェイがロケットをつくり、月に住むチャンウーに会いに行く姿を描く。

微細な表情まで表現可能に

キーンは手描きアニメーターとして経験を積んできた一方で、CG画像で人間的な要素を活かすことにも熱心に取り組んできた。今回の作品では、各シーンを俳優に演じさせ、それをアニメーターがモデルにするやり方をとっていない。その代わりにキーンは、アニメーター自身がさまざまな表情を演じてそれを撮影し、そのなかから最も出来のいいものを選んで創作に活かすよう指示を出した。

アニメーターは、コンピューターグラフィックスという強力なツールを得たことで、人間がとりたてて気にとめることのないマイクロエクスプレッションと呼ばれる微細な表情まで表現できるようになった。そうしたわずかな表情の変化こそが、意味や感情を伝えるのだとキーンは語る。

「登場人物の口角、上下の唇の重なり方や動き、口を開けて歌うときの柔らかさやリアルさ、フェイフェイの目じりやそのまわりの皮膚のひだ。それらはすべて注意深い観察の結果なのです」と、キーンは説明する。アニメーターが表情を適切に表現できるよう、キーンは本作品で、ディズニーの『リトル・マーメイド』を制作した際に使った手法を活かした。それはアニメーターにシーンを自分で演じさせて、それを撮影させるやり方だ。そうすれば、表情の特徴などを正確に把握できる。

「わたしはずっと、この作品をエスプレッソのようにしたいと考えていました」と、キーンは明かす。「濃厚でパワフルな味わいですね」

技術的な難題

それがとりわけ顕著に表れているのが映画の後半部分、フェイフェイが月にたどり着いてルナリアを発見したあとだ。ルナリアとは月にある魔法の王国で、そのデザインはスペインの画家ジョアン・ミロの絵画と、英ロックバンドのピンク・フロイドの代表的なアルバム『狂気(原題:Dark Side of the Moon)』のジャケットから着想を得ている。

アニメーターたちはルナリアを描写するにあたり、技術的な難題に突き当たった。最も悩んだのがライティングと色彩だという。地球でのシーンは中国の農村が主な舞台になっており、白い漆喰の壁や屋根の石瓦がもつ異なる質感と、それらが太陽の光を受けて反射する様子を表現することに、プロダクションデザイナーのセリーヌ・デルモーは心を注いだ。

一方、月の裏側にあるという設定のルナリアには太陽の光が届かない。外側の光源がないので、何もかもが内側から光を発しているのだ。ルナリアでは、生き物も建物も光を放っているのだ。フェイフェイなど、地球からルナリアにやって来た人間がはっきり見えるようにするには、注意深く動きをつけなくてはならなかった。

「CG処理では、そのことを忘れないようにしなくてはなりませんでした」と、デルモーは語る。「ごまかしても構いませんが、光源が後ろにある場合には、登場人物の表情をはっきり明るく見せるわけにはいきませんから」

この記事を共有する

おすすめ情報