PR

使わなくなったスマートフォンもよみがえる! 旧式のガジェットを有効活用する6つの方法

PR

 新しいスマートフォンやタブレット端末が次々に発売される一方で、世の中には“旧式”となった機器がそれだけ溢れている。これらのガジェットに新たな役割を与えることができれば、電子ごみにならずに有効活用できるはずだ。防犯カメラからメディア専用端末、デジタルフォトフレームまで、6つの優れたアイデアを紹介しよう。

TEXT BY DAVID NIELD

TRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(US)

ALEXEY BOLDIN/GETTY IMAGES
ALEXEY BOLDIN/GETTY IMAGES

電子ごみの問題は非常に大きく、そして深刻さを増し続けている。現在、電子ごみの排出量は5年前に比べて21パーセントも増えているという。なかでもスマートフォンのようなガジェット類に関しては、最新機種を手に入れても1年もすれば次のモデルに買い替える人が少なくない。もっと短いことすらあるだろう。

そんないまだからこそ、新品を手に入れたら、それまで使っていたガジェットをどうするかよく考えてみるべきだ。何年も前のモデルで、もはや動きが遅すぎて本来の機能を果たせなくなっているとしても、年季の入ったそのハードウェアには使い道があるかもしれない。その可能性の多様さに誰もがきっと驚くだろう。

お勧めの再利用法をいくつか紹介するが、アイデアはほかにもたくさんあるはずだ。ほんの少し想像力を働かせるだけで、新たなひらめきに出会えるかもしれない。

1.スマートフォンやタブレット端末を「防犯カメラ」に

電話としての務めを終えたスマートフォンも、手放すのはまだ早い。そこにはほかの役割を立派に果たせるテクノロジーがぎっしり詰まっている。

そのひとつが防犯カメラとしての役割だ。動画の常時撮影が可能で、その映像は別のスマートフォンを使って世界のどこからでも見ることができる。おそらく固定用の三脚かマウントのようなものが必要になるが、積み重ねた本や手近な道具を使って手づくりしてもいいだろう。

ソフトウェアも必要になる。Android版とiOS版がある「Manything」や「Alfred Camera」のほか、多くのアプリが揃っている。目的に合ったアプリをインストールし、指示に従って設定すれば準備完了だ。

もちろんタブレット端末でも同じことができるが、サイズが大きいので適当な場所に固定するには少し工夫を要するかもしれない。最近のスマートフォンやタブレット端末は多くが防水仕様なので、屋外でも使えるはずだ。ただし、どんなモバイル機器も常に電源に接続しておく必要があることは覚えておこう。

2.スマートフォンやタブレット端末を「メディア専用端末」に

ワイヤレスで利用できる新たなストリーミング方式がこの数年で次々に登場し、幅広い層に浸透し始めている。いまやワイヤレスで動画や音楽を配信する方法は、アップルの「AirPlay」やグーグルの「Chromecast」のほか、専用アプリを搭載したソノスのスピーカーなど、数え上げればきりがない。

この話が古くなったスマートフォンやタブレット端末とどう関係するのかというと、これらのデバイスはメディア専用端末やハブとしても使えるのだ。Apple TVの横に古いiPadを置いてテレビ番組や映画を観たり、Chromecast端末の隣に古いAndroidタブレット端末を置いてSpotifyやYouTubeを楽しんだりしてみよう。

こうしてスマートフォンを電話としての仕事から解放してやることで、バッテリー消費を軽減できる。そのうえ、家族の誰もがそのデバイスを手にとり、ログインの手間やロック画面にわずらわされることなく、すぐにストリーミングを楽しめるようになる。

3.ノートPCを「メディアセンター」に

使わなくなったノートPCは、メディアセンターとして再活用できる。ストレージに動画や音楽を保存しておけば家中どこにいても再生できるし、軽い処理なので古いハードウェアの再利用に適している。こうすることで、新しく購入したノートPCのハードドライブのスペースをたっぷり空けておけるメリットもある。

この役割には、「Plex」や「Kodi」といった優秀なアプリが揃っている。こうしたアプリを使い、必要に応じて別の外部デバイスに動画や音楽を転送することもできる。アップル製品にはmacOSで動作する音楽アプリやテレビ用アプリが用意されている。前の項目で説明したようなワイヤレスのストリーミングを利用すれば、セットアップにそれほど手間をかけずに済むはずだ。

このほか、古いノートPCを雑多なファイルを保存しておく「がらくた置き場」として使う手もある。手元のPCやデバイスから、必要に応じてそこにあるファイルにアクセスする仕組みだ。WindowsとmacOSのどちらでも、簡単にホームネットワークを構築できる。そうすれば、古いノートPCのハードドライブの中身を、ほかのPCからも見られるようになる。

4.デジタルカメラを「ウェブカメラ」に

ただでさえ高価なデジタル一眼レフカメラを、さらにグレードの高い新型モデルに買い替えたとあれば、古いほうを売って購入費用の足しにしたくもなるだろう。しかし、何らかの理由で古いほうも手元に残しておくことになったなら、見栄えのするウェブカメラとして使ってみるのはどうだろう。

そんなことをしても意味がないと思われるかもしれない。ほとんどのノートPCにはウェブカメラが内蔵されているからだ。しかし、デジタル一眼レフカメラを使えば、Zoomでのミーティングが格段に質の高いものになる。

ウェブカメラをどんなアングルにも設定できるようになり、ノートPCのディスプレイの角度を調整する手間からも解放されるだろう。さらには、Twitchなどの動画配信サービスでセルフストリーミングのようなことをしてみたくなった場合に、とびきり高品質な動画を撮影できる。

カメラメーカー各社は今年に入り、こうした機能を備えたソフトウェアの開発を急いできた。いまではソニー、キヤノン、ニコン、富士フイルムなど多くのメーカーが、こうした公式ツールを提供している。GoProも新しいソフトの提供を始めたところだ。

5.スマートフォンやタブレット端末を「電子書籍リーダー」に

使わなくなったスマートフォンやタブレット端末が家にあるなら、わざわざ電子書籍リーダーを買う必要はない。手もちのデバイスで代用が可能だ。「Kindle」(Android、iOS)と「Kobo Books」(Android、iOS)どちらのアプリでも、電子書籍を買ったり読んだりできる。しかも専用のリーダーに搭載されているソフトウェアよりも高速で動いてくれるのだ。

どちらのアプリもオーディオブックにも対応しており、必要に応じてテキスト形式とオーディオ形式を簡単に切り替えられる。KindleやKoboの専用リーダーを購入した場合も、再利用しているスマートフォンやタブレット端末と同期させることで、どちらのデバイスでも読書を楽しめる。

スマートフォンやタブレット端末は画面が明るいので、専用端末に採用されている電子ペーパーよりも目が疲れるが、これには対応策がある。ほとんどのAndroid端末には「ナイトライト」(「設定」から「ディスプレイ」に進み選択)、iOS端末には「ナイトシフト」(「設定」から「画面表示と明るさ」に進み選択)と呼ばれる機能があり、画面から発せられるブルーライトを軽減できる。

6.タブレット端末を「デジタルフォトフレーム」に

何年もかけてスマートフォンにため込んできた大量の写真を、あなたはどのくらいの頻度で見返すだろうか。おそらくめったに見ないという人がほとんどだろう。それなら、使っていないタブレット端末を専用のフォトフレームにして、自宅やオフィスのどこかに置いてみてはどうだろう。

常にコンセントにつないでおかなければならないし、どこかに立てておくためにマウントかスタンドで支える工夫も必要になる。しかし、タブレット端末の人気機種のほとんどに、手ごろな価格のサードパーティー製アクセサリーが数多く販売されており、気に入ったものを選べるはずだ。

これには専用のソフトウェアも必要になる。Android用なら「Fotoo」がお勧めのひとつだ。iPadなら「LiveFrame」をチェックしてみてほしい。写真をディスプレイするためのアプリはほかにいくつもあり、これらを活用すればタブレット端末をずっと使い続けることができる。

この記事を共有する

おすすめ情報