PR

これからはフィットネスも“在宅”に? 家庭用マシンで攻勢をかける新興メーカーたち

PR

 コロナ禍でフィットネスクラブに通わず、自宅でワークアウトする人が米国では急増している。こうしたトレンドに乗って攻勢をかけているのが、エクササイズバイクやトレッドミルで知られるPelotonなどの新興メーカーだ。スマートに進化した家庭用マシンを次々に投入して普及を加速させようとしているが、それは必ずしも「ジムの終焉」にはつながらないかもしれない。

TEXT BY LAUREN GOODE

TRANSLATION BY NORIKO ISHIGAKI

WIRED(US)

Pelotonの新しいエクササイズバイク「Bike+」は2,495ドル(約26万4,000円)で、新たに回転式タッチディスプレイを備えた。新型のトレッドミルは来年初頭に発売予定だ。PHOTOGRAPH BY PELOTON
Pelotonの新しいエクササイズバイク「Bike+」は2,495ドル(約26万4,000円)で、新たに回転式タッチディスプレイを備えた。新型のトレッドミルは来年初頭に発売予定だ。PHOTOGRAPH BY PELOTON

コネティカット州ブルームフィールドに住むジョンとエリカのミルズ夫妻は、かつて3つのスポーツジムの会員だった。ソフトウェア設計を手がける50歳のジョンはジムでウェイトトレーニングに励み、妻のエリカはインドアサイクリングの教室に参加していた。それでも、あちこちでPelotonの広告を見かけるたび、ジョンはどこか興味を引かれていた。

こうして2016年10月、ジョンは思い切って妻のためにPelotonのエクササイズバイクを購入した。すでに巣立った子どもたちが遊び場にしていた部屋にマシンを置き、間に合わせのジムにしたのだ。

Pelotonではフィットネスのクラスが動画で配信され、マシンに付属するタブレット端末で再生できる。この動画を子ども部屋の巨大なプロジェクターのスクリーンで見られるようにすることも、標準機能にあるAndroidのストリーミング設定ですぐにできた。

さらに18年になってPelotonが高価格帯のトレッドミルを発売すると、ジョンはそれも購入した。さらに19年の終わりには、大枚をはたいて2台目のバイクを手に入れた。

そして新型コロナウイルスが米国を襲い、今年3月には大勢の人が家から出ない生活を余儀なくされた。それを考えると、ミルズ夫妻は自宅でワークアウトする“ホームジム”のトレンドをかなり先取りしていたことになる。

自宅で運動するという新たなトレンド

ふたりは会員だったスポーツジムを退会した。このまま自宅で運動する環境を構築していくほうがいいだろうと、結論を出したのだ。子ども部屋の床の張り替えの検討を始め、ダンベルを購入し、著名なプロダクトデザイナーのイヴ・ベアールが手がけたフィットネスマシン「Forme Life」を予約注文した。

Forme Lifeは、ウェイトトレーニングシステムを搭載したスマートミラーである。ミルズは4,000人以上が登録するFacebookグループ「Run, Lift & Live」のメンバーだが、ここでいま話題に上っているのが、こうしたオンラインで利用するオールインワンタイプのフィットネス製品だ。

「3月から4月ごろは、『もうジムには絶対に行かないつもり』という人と、『しばらく家で運動するしかないのはわかっているけど、ジムで人と交流できるところが好きなのでいずれ戻りたい』という人に二分されていました」と、ミルズは振り返る。「でもいま、Facebookグループでの会話は『Tempoってどんな感じ? Tonalはどう? Carbonの発売開始はいつ?』といった話題でもちきりです。ジムを話題にする人なんていません」

もっと気軽に自宅でフィットネスを

Pelotonが新製品を発売するに当たって活用したいのが、まさにこうした志向だ。ニューヨークを拠点とし8年前に設立された同社は、これまでに100万人を超える有料の登録ユーザーを集め、ライヴストリーミングとオンデマンド配信を併用してフィットネスのクラスを提供してきた。まさに新型コロナウイルス禍におけるサクセスストーリーの一例といっていい。

こうしたなかPelotonは、以前からささやかれていた新製品のラインナップを9月8日に公式に発表した。それは新型の室内エクササイズバイク、既存のバイクの廉価版、従来モデルより低価格のトレッドミル、新しいブートキャンプクラス、アップルがApple Watch向けに提供するツール「Gymkit」への対応を含むソフトウェアのアップデートだ。

「ワークアウトする人をわくわくさせたいと考えてきたのですが、そのために必要な“法則”をPelotonはバイクとトレッドミルの初代モデルで確立できたと感じたのです」と、Pelotonの共同創業者で最高執行責任者(COO)のトム・コルテーゼは語る。「ですから、より多くの人と家庭に手が届くものにして市場を広げる発想になるのは、自然なことでした。すでにトレッドミルは発売しているので、次のステップへと進み、よりコンパクトにして価格を下げようと考えたわけです」

家庭用マシンの大きな進化

Pelotonの新型バイク「Bike+」は、23.8インチの回転式タッチ式ディスプレイを備えている。初代モデルのディスプレイは22インチで、動かせない固定式だった。新型ではスクリーンを回転させることができ、近日スタートするフィットネスプログラム「Bike Bootcamp」をはじめ、さまざまな種類のワークアウトに合わせて使いやすくなる。

また新モデルには、スピーカー4台からなるサウンドシステムを搭載した。初代モデルでは、音はバイクをこぐ人に向けてではなくタブレット端末の後部から外に向けて広がっていたが、そこから進化している。また、初代ではダイヤルを手動で回して負荷を調節していたが、新モデルでは運動中に自動で負荷を調節できるようになる。

このBike+は9月発売で、定価は2,495ドル(約26万4,000円)。旧モデルとなった初代バイクは、価格を2,245ドル(約23万7,000円)から1,895ドル(約20万円)へ下げて併売される(初代モデルの購入から30日以内の人には値下げ分の額を返金するという)。

トレッドミルは現段階では名称の変更だけだが、今後ラインナップを増やす予定だ。既存モデルの「Tread」(価格4,295ドル、約45万4,000円)は「Tread+」へ名前を変える。Tread+は名称が新しいだけで、32インチのタッチスクリーンにスラットベルトタイプの大型マシンはこれまでと変わらない。

価格を2,495ドル(約26万4,000円)に下げた新モデル「Tread」は、2021年初頭の発売を予定している。ベルトは一般的なトレッドミルと同じで、ディスプレイは小型化する見込みだ。

サブスクリプションで売る仕組み

サブスクリプションの料金で健全に粗利益を確保する手法がPelotonのやり方であり、これまでの月額料金は変わらない。BikeとTreadのコンテンツに加えてアプリでのワークアウトを利用できる「オールアクセス」の利用料は月39ドル(約4,100円)、モバイルアプリのストリーミング配信に限ってクラスに参加できるコースは月13ドル(約1,350円)だ。

バイクやトレッドミル本体、回転式ディスプレイ、スラットベルトといったハードウェアのアップデートよりおそらく重要である点が、このサブスクリプションのコンテンツだろう。ユーザーの心をつかんでいるのが、Pelotonのインストラクターたちである。つまり、その個性やかけ声、そしてプレイリストだ。

「重要なのは動機づけなんです」と、Pelotonのコルテーゼは言う。「わたしが考えるに、一般的にジムは自分たちの都合を消費者に押しつける点で最も好ましくない。年始に客に来てもらってそのまま会員になってもらい、ずっと続けてもらいたいわけですから。これに対してPelotonの考えはメンバーの皆さんと合致しています。わたしたちは多くのスタッフを雇っていますが、その仕事はいかに皆さんがもっとワークアウトしたくなるのかを追求することですから」

スペースの確保や設置条件が課題に

Pelotonの熱心なユーザーも同社の経営陣も、Pelotonのマシンがずらりと並ぶ未来を思い描いて心おどらせるかもしれない。大規模なフィットネスクラブへクルマで向かい、知らない人の前で汗をかいたり顔をゆがめたりする代わりに、自宅でワークアウトに励むホームジムが定着した未来だ。

とはいえ、ポスト・コロナの社会の見通しがまだ不透明とはいえ、それを「ジムの終焉」とみるのはいささか誇張が過ぎると考える人もいる。

ひとつには、ホームジムには一定の空間と自由に使える資金の両方が必要になる点だ。また、家庭用フィットネス機器メーカーのなかには、需要に追いつけていない会社もある。

高いコストは長期的にみれば妥当であるとの言い分もある。Pelotonの場合、例えば家族5人までなら1台のマシンを同じ月額39ドルで共有できる点を訴求している。ウェイトトレーニング用のツールも家族全員で使える。

それでも、スペースの確保や設置条件がネックになる人はいるだろう。競合するTonalの場合、電磁駆動式で負荷をかけられる多機能型トレーニング用ディスプレイ(2,995ドル、約31万7,000円)を、しかるべき支えを取り付けた上で適切な壁に設置する必要がある。これに対してMirrorのトレーニングマシン(1,495ドル、約15万8,000円)のように、壁に立てかけて使えるものもある(過熱する自宅フィットネスのトレンドを表すかのように、Mirrorは6月にスポーツウェアブランドのルルレモンが5億ドルで買収した)。

業界全体の需要が急増

ここで、自宅でワークアウトする際に使うダンベルに目を向けてみよう。ダンベルは一時期、米国では入手困難になっていた。米国で販売されているダンベルの大半が中国製だったからだ。新型コロナウイルスの感染が広がり始めたころ、サプライチェーンが滞ったところに需要が急増し、深刻な在庫不足に陥ったのである。

フィットネス機器を扱うJaxJoxの創業者で最高経営責任者(CEO)のスティーヴン・オウスは、3月以降の業績が伸びていると語る。JaxJoxはWi-Fiに接続して使うスマートなケトルベル(やかん型のダンベル)を199ドル(約21,000円)で販売している。9月初めには新製品として、筋トレツールを搭載した組み立て式の双方向ディスプレイ(2,199ドル、約23万2,000円)を発表した。ただし、ケトルベルは9月の時点で3,000人が商品の到着を待っている。

「こちらの事情をくんでもらえれば、(今年前半の)売上が347パーセント増になるとはとても予測できませんでした」と、オウスは語る。「できるだけのことはします、って普通は言うじゃないですか。でも、どれだけ受注したところで、製品が入荷するとすぐに在庫がなくなってしまう。業界全体がこうした経験をしていると思います」

オールインワン型フィットネスシステムのCarbonは、初の「AIで動く」フィットネス用ミラーとして売り込んでいる。だが、クラウドファンディングサイトIndiegogoの資金調達ページによると、製品の出荷が始まるのは2021年以降になるという。

冒頭で紹介したジョン・ミルズは春にフィットネスマシン「Forme Life」(4,295ドル、約45万2,000円)を予約注文したが、メーカーからは今後の見通しについての説明がないという。7月には注文のお礼としてForme Lifeのタオルセットが届いたが、問い合わせても特に返信はないままだ(公式サイトには今秋販売開始とある)。Pelotonの公式Facebookページでも、バイクが届くまでの待ち時間に対する不満の声はたびたび上がっている。

COOのコルテーゼによると、Pelotonの製品が届くまでの待ち時間は居住地にもよるが、いまのところ平均45日だという。アナリストのひとりはPelotonの大きな課題のひとつが需要に応えることだと指摘する。Pelotonは9月10日に第4四半期の業績を発表したところだ。

ジムと自宅を併用する未来

JaxJoxのオウスは、この先のフィットネスはハイブリッド型になっていくのではないかとみる。自宅でワークアウトする頻度は従来より高くなるが、いずれスポーツジムにも人が戻ってくるという意味だ。「自宅がジムの足りない部分を補うというより、ジムが自宅での運動で足りない部分を補うかたちになると思います」

こうした視点からJaxJoxは、次に発売する双方向型のワークアウトシステムを、持ち運び可能でコンテンツを問わないシステムにするのだと、オウスは説明する。ディスプレイ部分はテレビとしても利用でき、リビングでエンターテインメントを楽しむ際の拠点にもなる。

JaxJoxは将来を見据え、ワークアウトスタジオチェーンのオレンジセオリーと提携を進めたいと考えているという。そうすれば、オレンジセオリーのスタジオで人と一緒にワークアウトしたい日、自宅でやりたい日、それぞれに対応できる。

そう考えているのはオウスだけではない。米国内では徐々にスポーツジムが営業を再開しているが、感染リスクに関するデータが少ないなか、ソーシャル・ディスタンス(社会的な距離)の確保や念入りな消毒に努めなければならない。会員のなかには、ジムというコミュニティに属している感覚を恋しく思う人もいる。

人と一緒にするエクササイズの価値

オンラインでのフィットネスクラスに肯定的な人からも、社交の場としての要素が欠けているという声は上がる。FitGridの創業者でCEOのエヌティ・エトゥクもそんなひとりだ。FitGridは分野に特化したフィットネススタジオ向けに、顧客管理ソフトを提供している。

「フィットネス業界は(テクノロジーを取り入れるという点で)この4カ月で5年分の進化を遂げたと思う」と、エトゥクは言う。FitGridが今年2,000軒のフィットネススタジオを対象に実施した調査によると、完全に営業を再開できたらオンラインとスタジオでのクラスを併用したいと答えた事業者は95パーセントにもなった。オンライン形式で特に人気が高かったのは、ヨガと高強度インターバルトレーニング(HIIT)である。

「一方で、人と一緒にやることで得られるエネルギーがあります」と、エトゥクは言う。「それにフィットネススタジオとは、人が社会的な本能に導かれ、自分と同じことをしている人と空間を共にすると同時に、周囲の空気を感じ取る感覚を求めて立ち返るタイプの場所ではないでしょうか」

つまり、新型コロナウイルスの影響でオンラインフィットネスの普及が加速したとしても、対面で人と一緒にするエクササイズには、AI搭載ミラーやバーチャルなワークアウト、センサー内蔵ダンベルには代えがたい要素がある、ということだ。

ジョン・ミルズの場合は、まだリスクを冒してまでこうした社交的な要素を求めてはいない。自宅でのエクササイズで満足しているし、Facebookグループに向けて1日に何回か投稿し、デジタルフィットネスの世界における発展と、それがPelotonにどんな影響をもたらしうるかについて書いている。ミルズはPelotonの株主でもある。

ミルズは次のように語る。「自分がまたジムに行くとしたら、おそらくワクチンができてからです。ワクチンが検証され承認されて、リスクはなくなったと国と社会全体が安心できたときでしょうね。個人的には、それは3年か4年、もしくは5年くらい先の話になると思っています」

この記事を共有する

おすすめ情報