PR

寝ているだけで収入に!? 「睡眠のライヴ配信」が視聴者を引きつける理由

PR

 文字通り、自分が寝ている姿を配信する「睡眠配信」。ライブストリーミングプラットフォームの「Twitch」では、たった1度の配信で日本円にして約60万円もの額を稼いだストリーマーもいるほどだ。なぜ人は、ストリーマーの眠る姿に引きつけられるのか? その理由を探った。

TEXT BY CECILIA D'ANASTASIO

TRANSLATION BY AKARI NAKARAI/GALILEO

WIRED(US)

BERNHARD LANG/GETTY IMAGES
BERNHARD LANG/GETTY IMAGES

ライブストリーミング配信プラットフォーム「Twitch」でライブ配信しながら眠りに落ちる直前、ストリーマーの「Mizkif」ことマシュー・リナウドは、自分が寝てひと儲けしたと言ったら母親はどれほど腹を立てるだろうかと考えていた。

「いまは何もしていないと思われているんだ」と、彼は視聴者たちに冗談を飛ばす。「寝てお金を稼いだなんて知ったら、なんて言うかな」

寝るだけで60万円!?

リナウドは、ドネーション(投げ銭)した視聴者が自分の動画を投稿できるようにするボットをオンにし、ベッドに入った。画面右上では、視聴者が投稿した動画が再生されている。それ以外の大部分は、リナウドが横を向いたり、仰向けになっていたりして寝ている様子が映し出されているだけだ。

お粗末な投稿動画が何時間も流れ続けたあと、目を覚ました彼は5,600ドル(約60万円)を稼いでいた。リナウドは感謝の証として、集まったお金で視聴者のひとりに「Nintendo Switch」をプレゼントした。

近ごろTwitchでトレンドのひとつになっているのが、こうした「睡眠」のライブ配信だ。ストリーマーたちは、自分のベッドにカメラを向け、ただ眠る。その間、視聴者は投げ銭機能を使い、2ドル、5ドルといった小額をストリーマーに送るのだ。なかにはこうした企画を、可愛らしく「パジャマ・パーティ」と称するストリーマーたちもいる。

「そろそろ寝る時間かな」と、Twitchのストリーマーでモデルの「Amouranth」こと、ケイトリン・シラグサが言う。時刻は朝6時。それまで何時間もの間、彼女は心地よいピアノの調べにあわせて、マイクを優しくひっかいたり、ささやき声で喋りかけたりするASMRを配信していた。

チャットには、「おやすみなさい」「よく寝てね」「おやすみ~」といったメッセージが大量に寄せられる。シラグサは、ファンたちに投げ銭とサブスクライブ(定期視聴)を呼びかけた。サブスクライバーが20人増えるごとに、目覚まし時計の鳴る時間が1時間遅くなるという。彼女は再生ボタンを押して雨音の環境音を流し、ベッドに入った。

「みんな本当に彼女が寝ているのを、ひと晩中見ているの?」と、配信のチャット画面で視聴者のひとりが問いかける。すると、こんな反応が返ってきた。「彼女が寝ている姿なら毎晩でも観たいよ。彼女に恋してるんだ」

8時間後、シラグサは目を覚まし、服を着替えると、ビー玉を転がすゲームの実況に取りかかった。

ただ配信を終わらせたくなかった

「Kaceytron」ことケイシー・キャヴィネスが睡眠配信を始めたきっかけは、数カ月間のキャンプ旅行だった。カメラをつけたまま眠りにつくと、起きたころには2,000人もの人がライブ視聴していたのだ。

「朝が近づくと、視聴者がわたしを起こそうとして盛り上がっているように感じるんです」と、彼女は語る。たいていの睡眠配信では、観ている人たちが投げ銭すると、ボットがメッセージを読み上げてくれるようになっている。「これがかなりの収入になる」と、キャヴィネスは言う。眠りに落ちる前に彼女がとりとめのないことをしゃべるのも、視聴者にウケているそうだ。

キャヴィネスは先日も、飼い犬を連れて再びキャンプに出かけ、RV車の中で酔っ払って寝ているところをライブ配信した。それをダラダラと観ていた視聴者たちは、英国アクセントのコンピューターボイスにメッセージを読み上げさせ始めた。くだらないメッセージが、うんざりするほど延々と読み上げられ、2ドルの投げ銭が寄せられる。やがて、キャヴィネスはいびきをかき始めた。

いま再流行している睡眠配信だが、最も有名な企画は2017年に配信されたものだろう。有名ないたずら者で、元Twitchストリーマーの「Ice Poseidon」ことポール・デニーノが企画し、380万人が視聴した動画「8時間寝ている間に5,000ドル稼ぐ方法」だ。

視聴者たちが投げ銭をし、銃声やドアをノックする音、バグパイプ音楽のダブステップ版などを流すと、その音に驚いてデニーノは時々目を覚まし、カメラに枕を投げつけたり、観ている人をののしったりした。

一方、ゲーム最速クリアのレジェンドであるナルシッサ・ライトは、かつてほとんど休憩をとらずに配信していた。当時はそうした行為が問題視され、Twitchと揉めたこともあったという。

「別に悪気はなく、ただ配信を終わらせたくなかっただけなんです」と、彼女は言う。現在、睡眠配信がトレンドになっていることについてどう思うかと尋ねると、「ちょっと汚名返上された気がしますね」という答えが返ってきた。

パラソーシャルな関係が視聴者を引きつける

睡眠配信のなかでもシラグラのような路線は、どちらかというとASMR動画や、日本の「添い寝カフェ」のような要素を取り入れていると言えるだろう。

最近はTwitchのカテゴリーでも、ゲームではなく雑談が一部の人気を集めている。それは、自分のことを知らない「画面のなかの有名人」との交流という、パラソーシャルなインタラクションを切望する視聴者たちが、いついかなる瞬間にも多数存在しているからだ。

Twitchの人気がこれだけ長く続いているのも、こうしたインタラクティブな要素があり、ファンたちがその崇拝の対象にかつてないほど近づけるからだろう(少なくともコンピューター上では)。

ストリーマーが眠る様子を見守り、さらに自分がストリーマーたちの横で眠っている姿を想像したりすることで、孤独感も少しは薄れる。そんなわけでこのトレンドは、Twitch以外にも広まってきており、最近では人気のTikTok配信者たちも睡眠配信を取り入れ始めている。

Twitchストリーマーがカメラの前で眠りに落ちる背景には、ネタにしたり、親近感を抱かせたりとは別の、言わずもがなの理由がもうひとつある。そう、ストリーマーたちは疲れているのだ。1日中ずっとゲームをし、何千、何万という視聴者たちを気を抜くことなく楽しませるストリーマーたちは、ときどき“寝落ち”してしまう。

「World of Warcraft」のゲーム配信で知られるストリーマーのAsmongoldが、「World of Warcraft Classic」のサーバーにログインするのを待っている間に眠りこけてしまった姿は、数多くの視聴者に目撃された。また、19年には「ハースストーン」のストリーマーがうっかり寝落ちしてしまい、200人の視聴者に見守られながら目を覚ましたこともあった。

ゲームをして生計を立てるというと華やかに聞こえるが、Twitchの人気ストリーマーたちは、ファンから忘れられず、かつ高い収益を上げられるように、できるだけ長くオンラインにいるようにしている。そしてそこには、華やかなイメージとは裏腹の大変な努力がある。

トップストリーマー「Ninja」ことタイラー・ブレビンスは、かつて48時間オフラインになったことでTwitchのサブスクライバーを4万人失ったとこぼしたことがあった。そこから生まれたのが、長期間のマラソン配信だ。何日間も連続でゲームする様子を生配信するという、この広く流行した危険な企画は、あらゆるタイムゾーンを押さえ、できる限り自分の露出を増やすための取り組みだった。

「配信は体力を消耗するんです」と、リナウドは言う。「でも、睡眠配信ならそんなことはありません。めちゃくちゃラクなんです。正直に言って、1日中ゲームをプレイするという毎日の繰り返しから離れられて、いい休息になりましたよ」

カメラの前で眠りにつく前、リナウドは視聴者たちに、ここしばらく不安にさいなまれていたこと、そのせいでうまく眠れなくなっていたことを明かした。

「これから睡眠を配信する。たった1回の睡眠配信だ。みんなは観てくれているけど、ぼくは疲れてしまった。もう頭が全然働かない。仮眠が必要だ。だからいまから寝ることにする。今日は大変な一日だったからね」

この記事を共有する

おすすめ情報