PR

電子たばこをやめたい? でも“禁煙”する方法は、誰にもわからない

PR

 電子たばこが原因とみられる深刻な呼吸器疾患が全米で急増するなか、“禁煙”を模索する動きが出始めた。しかし専門家によると、「電子たばこの禁煙方法は答えが出ていない」という。いったいどういうことなのか。

TEXT BY SARA HARRISON

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

RICHARD BAKER/GETTY IMAGES
RICHARD BAKER/GETTY IMAGES

電子たばこが、比較的安全な喫煙方法だと考えられていたころを覚えているだろうか。死に至る場合もある原因不明の呼吸器疾患が増加しているいま、電子たばこの安全神話は蒸気となって消えていった。ぜいぜいと苦しそうに息をする寝たきりの入院患者になるのを恐れて、電子たばこをやめようとする喫煙者がますます増えている。

だが、禁煙に役立つと思われていた電子たばこをやめるにはどうすればいいのだろうか?

その方法は誰も知らないと言っても過言ではない。「電子たばこの禁煙方法は、専門家の間でも答えが出ていない問題です」と、米国立がん研究所(NCI)の喫煙管理研究部門(TCRB)でプログラムディレクターを務めるレイチェル・グラナは言う。

ティーンエイジャーに広がる電子たばこ

電子たばこは、ニコチンかテトラヒドロカンナビノール(THC)の一方あるいは両方を含んでいるものが多い。通常の紙巻きたばこよりも依存しやすく、禁煙が難しいようになっている。ペン型の電子たばこを吸うと多量のニコチンを摂取しがちになるのは、その種のたばこには吸った印象がスムーズに感じるようなニコチン塩が含まれているからだ。

「クッキー大好き」「ユニコーンミルク」といった思わず吸いたくなるようなフレーバーを加えると、たばこ本来の刺激の強いフレーバーはほとんどわからなくなる。その結果、電子たばこの頻繁な喫煙が助長され、依存症に陥るペースが速まる。

電子たばこのこうした特徴を聞かされると、そんなことを知らなかった喫煙者、特にティーンエイジャーは驚くはずだ。電子たばこにニコチンが含まれていることすら知らずに電子たばこを吸い始めた子どもたちもいると、NCIのプログラムディレクターであるイボンヌ・プルッツマンは言う。

最近の調査結果によると、前月に電子たばこを吸ったことがあると答えたティーンエイジャーの数は、過去2年間で2倍に増えたという。現在、高校生のほぼ12パーセントが、電子たばこを毎日吸っているという。

ティーンエイジャーの電子たばこの喫煙は、従来の紙巻きたばこの喫煙のパターンとは異なる。「電子たばこを吸うと、すべてがめちゃくちゃになります」と、シャロン・レビは指摘する。レビはボストン小児病院で、思春期における薬物使用および依存プログラム(ASAP)のディレクターを務めている。

子どもたちが学校だけで“喫煙”

かつて子どもたちは、学校で喫煙することはほとんどなかった。学校でたばこのにおいがしたり煙が出たりすると、面倒なことになったからだ。ところがいまは「学校でしかたばこを吸わない子どもたちがいるのです」と、レビは言う。このような状況では、親が子どもに目を光らせたり、目標を見失わないように手助けしたりすることは、まず不可能になる。

ティーンエイジャーは学校の廊下や授業中の教室で、あるいはトイレにたむろして、電子たばこを分け合って手早く吸える。電子たばこなら、喫煙しているのがわかってしまう煙を吐き出すことないし、たばこの蒸気が消えるまで口の中にためておける。

「夏休みに禁煙に成功していた子どもたちが、『休み明けに学校に行きたくない。トイレに行くたび、みんなにJUULを押しつけられるに決まってるから』と打ち明けるのです」と、レビは全米最大の電子たばこメーカーの名を挙げる。

電子たばこの仕様はニコチンの大量摂取を促してもいる。大半の喫煙者は1日に1ポッド(カートリッジ)を吸う。ポッドはメーカーによってさまざまだが、JUULが販売しているポッドのうち、ニコチン濃度が高い2種類のなかでも高濃度のほうは、1ポッドで200回吸引可能だ。これは紙巻きたばこ約1箱分に相当する。

「子どもたちが紙巻きたばこを吸うときは、たいてい吸い始めた1本が終わるまで吸い続けます。1本全部終わったときに吸い終えたことになるのです」と、アマンダ・グラハムは言う。グラハムは、禁煙を推進する非営利団体Truth Initiativeでニコチン依存症を研究している。

電子たばこの喫煙者は、1ポッド全部を吸い終わらない限り、たばこを吸い終えた気分にならない。だが、1ポッド吸うと紙巻きたばこ約1箱分のニコチンを吸った計算になる。

禁煙できない子どもたち

そしていま、電子たばこがあまりにも流行しているせいで、禁煙しようとすれば仲間外れになるとティーンエイジャーは考えてしまいがちだ。

Truth Initiativeの調査では、多くのティーンエイジャーが、友人のなかで禁煙しようとしたことがあるのはたったひとりだと回答している。禁煙しようとしていじめに遭ったという者もいれば、電子たばこをいつも勧める友だちがいるせいで、禁煙しづらくなっている者もいる。

「大多数の子どもたちは、断るのが得意ではありません」とグラハムは言う。「まさにあらゆるところで、禁煙しようと最善の努力をしています」

禁煙すると体に違和感を覚えるのみならず、たばこへの渇望、頭痛、いら立ち、抑うつといった離脱症状が現れる。レビによると、こうした症状を管理することが、うまく禁煙するための鍵になるという。「こういった症状のせいで禁煙がとても難しくなるからです」

ASAPでは離脱症状を回避するために、ニコチンパッチを用いる。可能な限り最小限の用量を試してもニコチンパッチのみでは効果が上がらなければ、ブプロプリオンのようなより強い薬剤を併用する。

そして電子たばこへの渇望症状を示し始めた子どもにはニコチンドロップを与える旨、親への指導も行っている。ニコチンドロップは吸入薬ではなく内服薬である。このため電子たばこを喫煙する場合よりもニコチンはゆっくり体内に吸収され、JUULを吸引する場合よりも多幸感は少ない。

高まる禁煙療法へのニーズ

レビの助言の大半は、従来の紙巻きたばこの禁煙方法に基づいている。期待できる点は、この種の薬物療法は不安感や社会の圧力への対処方法を話し合う行動カウンセリングと相まって、電子たばこに依存している人々を最終的にはニコチンから引き離すうえで役立つことだ。

とはいえ、それまでにどのくらい時間が必要なのか? どれくらいの数のニコチンパッチやニコチンガム、ニコチンドロップが使われるのか? それはまったくわからないと、レビは言う。

わが子がニコチンドロップをひっきりなしに欲しがると報告する親もいるものの、レビによると、子どもの禁煙療法をやめる時期についてガイドラインはないという。電子たばこの喫煙者は、紙巻きたばこの喫煙者よりもかなり多くのニコチンを吸っている。「ニコチン代替物がどのように効いていくのか、わからないのです」

禁煙療法の期間などに関する答えを求める声は多い。レビいわく、ASAPの電話による初回カウンセリングの件数は、この2年で6倍に増えているという。電話をかけてくるのはほとんどが子どもを心配する親であり、昨年の登録者数は2倍になったという。

Truth Initiativeは1月中旬から、メールサポートサービス「This is Quitting」(日本語では「これが禁煙」といった意味)を開始した。それ以来、13歳から24歳までの思春期の若者4万7,000人が、このサービスに登録している。グラハムの話では、毎日約170人が新規登録しているという。

これまでのところ、メールは役立つツールになりうるようだ。Truth Initiativeによると、この電子たばこ禁煙サポートサービスの利用後2週間で、ティーンエイジャーの60パーセントが電子たばこの喫煙量が減った、あるいは完全に禁煙したと報告してきたという。しかし、この人数は30日後になると減少し、禁煙を続けているのは参加者のわずか15パーセントになった。

電子たばこを入手する機会を連邦政府や地方政府が制限すると、電子たばこに依存しているディーンエイジャーは、たばこへの渇望を満たすべく紙巻きたばこを吸うようになるのではないかと、グラハムは懸念している。そうなれば「取り返しがつかない悲惨な事態」になると、グラハムは言う。

この記事を共有する

おすすめ情報