PR

2025年大阪・関西万博

2025年大阪・関西万博

PR

特集のまとめ

■大阪・関西万博まで1500日

■大阪・関西万博まで1500日

 2025年4月13日の大阪・関西万博開幕まであと1500日。昨年末には展示内容や会場設計の基本計画が公表され、準備が本格化している。会場を「未来社会のショーケース」と位置付け、ドローン型の「空飛ぶクルマ」や仮想現実(VR)など最先端技術を紹介。人類が新型コロナウイルス禍を乗り越えた先にある、豊かで明るい未来像を描く。 【記事全文】を読む

■「半世紀後も素晴らしさ伝わるよう」

記事を読む

■未来の一端を先取り

 大阪・関西万博は「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに、会場の大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま)で最先端技術による次世代空間を創出。新型コロナウイルスの収束と本格的な少子高齢化を見据え、健康・医療やエネルギー、デジタル化などの分野で「持続可能な社会」を提示する。日本経済の起爆剤として期待されるだけに機運醸成が課題となる。【記事全文】を読む

ランキング