PR

元妻殺害で51歳男に懲役18年求刑 神戸地裁

PR

 神戸市営住宅で平成30年に元妻を殺害し遺体を隠したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた住所不定、無職、津田信明被告(51)の裁判員裁判の論告求刑公判が2日、神戸地裁(野口卓志裁判長)で開かれ、検察側は懲役18年を求刑した。弁護側は殺人罪については無罪を主張し、結審した。判決は8日。

 検察側は論告で「元妻が仕事を失い、別の女性と暮らそうと考えた」と指摘。「元妻が家を出て行かないことに疎ましさを募らせて殺害した」と述べた。

 弁護側は最終弁論で「元妻が窒息死したことには疑いが残る」と主張。死体遺棄罪は起訴内容を認め、執行猶予を求めた。

 起訴状によると、津田被告は18年12月ごろ、神戸市の市営住宅で元妻の川越博美さん=当時(49)=の首を圧迫して窒息死させ、遺体を押し入れに隠して遺棄したとされる。

この記事を共有する

おすすめ情報