PR

鈴木健吾が2時間4分56秒の日本新 びわ湖毎日マラソン 

PR

2時間4分56秒の日本新記録をマークし、優勝した鈴木健吾=大津市皇子山陸上競技場
2時間4分56秒の日本新記録をマークし、優勝した鈴木健吾=大津市皇子山陸上競技場

 びわ湖毎日マラソンが28日、大津市皇子山陸上競技場発着の42・195キロのコースで行われ、25歳の鈴木健吾(富士通)が2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。従来の記録は昨年3月の東京マラソンで大迫傑(ナイキ)がマークした2時間5分29秒だった。

 鈴木は序盤からハイペースの先頭集団でレースを進め、36キロすぎに3人の集団から抜け出し、終盤も加速した。鈴木は神奈川大出身。2019年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は7位だった。

 びわ湖毎日は76回目を迎える今回で滋賀での開催は最後となり、来年は大阪マラソンに統合されることが決まっている。

この記事を共有する

おすすめ情報