PR

大阪市平野区の住宅街で8棟焼く火災 焼け跡から1人の遺体

PR

 28日午前4時35分ごろ、大阪市平野区加美鞍作の住宅街で、通行人の女性から「黒い煙が出て火も見える」と119番があった。火は住宅など8棟計約760平方メートルを焼き、約1時間40分後にほぼ消し止められた。焼け跡から1人の遺体が見つかった。火元とみられる店舗兼住宅に1人で住む末松徹さん(85)と連絡が取れておらず、大阪府警平野署が身元の確認を進めている。

 現場は、JR関西線加美駅から南約300メートルで、民家が密集する地域。周辺は、炎や黒い煙が立ち上り、一時騒然となった。

 近くに住む同区の女性(75)は、「火災の熱気で目覚めた。手が付けられないほど火の勢いが強く、怖くて逃げるしかなかった」と青ざめた。

この記事を共有する

おすすめ情報