PR

関西3府県の緊急事態宣言解除決定 和歌山知事「歓迎」

PR

報道陣の取材に応じる和歌山県の仁坂吉伸知事=県庁
報道陣の取材に応じる和歌山県の仁坂吉伸知事=県庁

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が大阪、京都、兵庫など6府県で月末までで解除されることが決まり、和歌山県の仁坂吉伸知事は26日、「県は(関西3府県と)往来して生きているので、解除が実現してよかった」と歓迎した。

 関西3府県の感染状況について「ものすごく感染者は減っている。関西広域連合などで各府県の経験を共有し、対策を取ってきたのが実った」とし、「各府県民の努力に感謝したい」と述べた。

 県内経済への影響については「宣言期間中は県内でも飲食業や観光業に大きな打撃が出た。少なくとも拡大時期よりは見通しは明るい」としたものの、「首都圏でまだ(宣言が)残っており、(消費)マインドの面では問題の解決にはならない」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報