PR

奈良の3校に3千万円寄付、高齢男性名乗らず

PR

 奈良市教育委員会は25日、奈良市内にある小中高の計3校に70代くらいの男性が訪れ、それぞれ現金1千万円ずつ、計3千万円を寄付して立ち去ったと発表した。男性は学校側に氏名や立場を明らかにしなかった。市教委は「ご厚意を大切にし、各学校の教育活動に活用させていただく」としている。

 市教委によると、男性は24日午後2時40分ごろ、奈良市立春日中学校の校門近くにいた職員に白いポリ袋を手渡し「学校の子供たちのために使ってください」と伝えた。学校側で中身を確認すると、現金計1千万円が入っていたという。

 この日、同市立済美(せいび)小学校と同市立一条高校にも同一人物とみられる男性が現れ、同様にそれぞれ1千万円を手渡した。男性は白髪交じりでキャップ帽を着用し、自転車に乗っていた。

 春日中の坂本静泰校長は「お礼を申し上げたいので、どなたなのかお知らせいただければ幸い」とコメントしている。

 今回との関連は不明だが、昨年6月にも奈良市役所に高齢男性が訪れ、名乗らずに白いポリ袋に入った現金3千万円を寄付した事案があった。

この記事を共有する

おすすめ情報