PR

梅花祭 疫病退散願い 京都・北野天満宮

PR

北野天満宮の梅花祭に合わせて行われた献茶の儀に臨む芸舞妓=25日午前、京都市上京区(渡辺恭晃撮影)
北野天満宮の梅花祭に合わせて行われた献茶の儀に臨む芸舞妓=25日午前、京都市上京区(渡辺恭晃撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 学問の神様、菅原道真を祭る北野天満宮(京都市上京区)で25日、道真の命日にちなみ「梅花祭」が行われた。例年は豊臣秀吉が境内で催した茶会に由来する野だて茶会も開催するが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止にし、神事のみとした。

 本殿での神事では「菜種」が、道真の霊を「なだめる」に音が通じることから、菜の花を冠に付けた神職が梅の小枝などを供え、疫病退散も願った。これに先立ち、近くの花街、上七軒の芸舞妓(げいまいこ)がお茶をたてる「献茶の儀」も行われた。 梅花祭は、約900年の歴史がある伝統行事。今年は暖かい日が続いているため、境内に植えられた約50種、約1500本の梅は見頃を迎えている。「梅苑」は3月下旬まで公開予定。

この記事を共有する

おすすめ情報