PR

宝塚星組「ロミオとジュリエット」礼真琴、トップのシンデレラストーリー

PR

バルコニーで舞空瞳演じるジュリエット(右)に愛を告げるロミオ・礼真琴=宝塚大劇場、山田喜貴撮影
バルコニーで舞空瞳演じるジュリエット(右)に愛を告げるロミオ・礼真琴=宝塚大劇場、山田喜貴撮影
その他の写真を見る(1/2枚)

 宝塚歌劇団星組トップスター礼真琴(れい・まこと)主演のミュージカル『ロミオとジュリエット』(潤色・演出=小池修一郎、演出=稲葉太地)が兵庫・宝塚大劇場で開かれている。平成22年、まだ入団2年目だった礼が初めての役「愛」に大抜擢(ばってき)され、「皆さんに名前を知っていただけるきっかけとなった」のが本作。それから11年-。舞台を通じて、トップスターに上り詰めた礼の“シンデレラストーリー”をたどることができる。 (田所龍一)  平成22年春、演出家の小池氏は7月に宝塚歌劇で初めて上演する星組公演『ロミオとジュリエット』(主演・柚希礼音=ゆずき・れおん、梅田芸術劇場)に、海外の公演にはなかった新しい役を取り入れようと考えていた。

 「フランスやロシアの公演ではせりふのない『死』という役がすでにあった。宝塚版ではそこに『愛』という役を加え“愛と死の相克”をテーマに追っていく形をとったんです」

 愛を誰にしようか…。小池氏は漠然と考えながらある日、東京宝塚劇場の稽古場の廊下を歩いていた。

 「窓がありましてね。稽古のようすが見えるんです」。ちょうど星組の全国ツアー公演、レビュー『ボレロ』の稽古が行われていた。何気なく稽古を見た小池氏は、その場に立ち尽くした。

 「そこに礼がいたんです。まだ2年生なので稽古場の隅っこにいました。ジャンプ力のすごい子-というのは聞いていましたが、稽古場で見せたしなやかな体の動き、すばらしい身体能力は下級生のものではなかった。この子を使わなければもったいない-そう思いました」

 礼の「愛」抜擢が決まった。礼は苦しんだ。セリフもなく、表情とバレエのような体の動きで「愛」を表現する役に、「何をしたらいいのかが分からなかった」という。

 「先生の言うことも耳に入らない。すべてがマイナスにしか受け取れない。最後には自分が何に悩んでいるのかすら分からなくなった」

 入団2年目の少女が、投げだしたい気持ちに耐えられたのは、毎日、肩を抱いて「大丈夫、きっとやれる」と言ってくれたロレンス神父役の英真(えま)なおきや、先輩たちの温かい言葉があったから。理事となった英真は、今回も礼を見守るように専科から出演している。

 礼の「愛」は好評を博した。それは「死」の効果も大きかった。このとき「死」を演じたのは、入団5年目で現在の宙組トップスター、真風涼帆(まかぜ・すずほ)である。

 「当時の真風はおとなしく、どこかのほほんとして、自分から前に出たがる子じゃなかった。だからあえて『死』という役をやらせたんです。2人は見事に応えてくれましたよ」と小池氏。そして演出家の稲葉氏も舞台を見て「この2人はきっと将来の宝塚を背負っていくスターになる」と確信したという。

 それから11年。トップスターとして初めて礼が演じる「ロミオ」。

 「やればやるほど“受け身な男”なんだなぁと思うんです。こうしたい、ああしたい-と言うのはジュリエット(舞空瞳=まいそら・ひとみ)の方で、ロミオはいい意味で振り回されているんですよ」と笑う。

 それも小池、稲葉両氏の新しい演出のひとつ。夢見がちのロミオに対しジュリエットは、女性としてどう生きるか、自分の主張を持った芯の強い女性に描かれている。

 礼を中心とした圧倒的な星組の歌唱力、演技力の高さ。いとこのジュリエットを慕い悩むティボルトをメランコリックに演じる愛月(あいづき)ひかる。期待の娘役・有沙瞳(ありさ・ひとみ)はおなかを突き出し、少しだみ声でジュリエットの乳母を見事に演じている。

 モンタギュー家とキャピュレット家の争いから生まれた愛と悲しみの物語。誰もが知っているストーリーにもかかわらず、ぐいぐいと物語の中に引き込まれていく。8年ぶりに宝塚の舞台に帰ってきた『ロミオとジュリエット』は見どころ満載である。

      ◇

 宝塚大劇場は3月29日まで。4月16日~5月23日まで東京宝塚劇場で上演予定。

この記事を共有する

おすすめ情報