PR

受刑者に性的暴言「けつ左」、徳島刑務所の副看守長を減給

PR

 徳島刑務所は5日、女性受刑者に対し体の部位に関する性的な暴言を吐いたとして、男性副看守長(47)を減給100分の20(1カ月)の懲戒処分とした。

 同刑務所によると、副看守長は昨年7月13~14日の夜間巡回中に女性受刑者の居室前で「けつ左」「ちち右」「ベリーグッド」と暴言を吐いた。14日午前に女性受刑者が被害を申告して発覚した。副看守長は調査に「寝ている状況を記憶するための独り言だった」と説明しているという。

 高山正訓徳島刑務所長は「公務への信頼を損ね、おわびする。職員の指導を徹底する」とのコメントを出した。

この記事を共有する

おすすめ情報