PR

車で駅伝コース横切る 容疑で60代男を書類送検

PR

京都府警本部
京都府警本部

 昨年12月に京都市で行われた全国高校駅伝で、交通規制中の警察官の指示に従わずにコースに車で進入したとして、京都府警は14日、道交法違反(公安委員会の交通規制違反)の疑いで、京都市西京区の無職男(68)を書類送検した。男は「早く家に帰ろうと思っていたのでいらいらして選手の間を直進した」と容疑を認めているという。

 書類送検容疑は、昨年12月20日午前11時20分ごろ、女子の最終5区のレース中、交通規制が行われていた同市右京区の国道9号に警察官の制止を振り切って進入し、交差点を横断したとしている。

 当時、立命館宇治高校(京都)の選手がコースを車に横切られ接触しそうになったが、身をかわしてけがはなかった。

この記事を共有する

おすすめ情報