PR

【動画あり】正倉院展24日開幕 コロナで入場制限、当日券なし

PR

第72回正倉院展の内覧会。写真は紫檀槽琵琶=23日、奈良市の奈良国立博物館(前川純一郎撮影)
第72回正倉院展の内覧会。写真は紫檀槽琵琶=23日、奈良市の奈良国立博物館(前川純一郎撮影)

 奈良国立博物館(奈良市)で「第72回正倉院展」が24日に開幕するのを前に宝物59件を陳列した会場が23日、報道陣に公開された。薬と武器・武具がまとまって出展されるほか、楽器や遊戯具などの宝物が並ぶ。会期は11月9日まで。

 新型コロナウイルスの感染対策として入場は前売りの日時指定券とし、当日券は販売しない。会期中、動画投稿サイト「ユーチューブ」で宝物の解説などを行う。

 今回の正倉院展は、奈良時代、聖武天皇の四十九日にあたる「七七忌」に光明皇后が東大寺の大仏に献納した、ゾウの歯の化石という「五色龍歯(ごしきりゅうし)」などの薬の一部を公開する。

 このほか、大刀やよろいの残欠など武器・武具、シタンなどさまざまな材を使った「紫檀槽琵琶(したんのそうのびわ)」を展示。フェルトの敷物である「花氈(かせん)」、囲碁の盤の「桑木木画碁局(くわのきもくがのききょく)」などもあり、正倉院宝物の多彩さをうかがうことができる。

この記事を共有する

おすすめ情報