PR

神戸連続児童殺傷事件から23年、父の土師守さん「本当の理由聞くことが親の責任」

PR

「なぜ息子の命が奪われないといけなかったのか、納得する理由が知りたい」と話す土師守さん=神戸市内
「なぜ息子の命が奪われないといけなかったのか、納得する理由が知りたい」と話す土師守さん=神戸市内

 平成9年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で、土師(はせ)淳君=当時(11)=が殺害されてから24日で丸23年となる。父親で医師の守さん(64)が産経新聞のインタビューに応じ、「経済補償など、犯罪被害者にとって残された課題はまだある。できることを少しずつでも続けていきたい」と話した。

 24日は、家族で静かに過ごす予定だという守さん。守さんらにあてて手紙を書き続けていた加害男性(37)からの動きが止まり、音信不通になってから3年あまり。悲しみや怒りが消えることはない。

 「(加害男性が)どこで何をしているのか、知りたくもない」と話す守さんだが、扉は閉ざしていない。

 「なぜ事件を起こしたのか。今まで報じられている理由では分からないし、納得できない。加害男性本人から、本当の理由を聞くことが親としての責任」

 平成30年6月に解散した「全国犯罪被害者の会(あすの会)」の活動を引き継ぐ形で、関西の犯罪被害者や遺族が設立した「つなぐ会」の活動も2年目に入っている。

 「不幸なことに、社会から事件がなくならないのであれば、新たに犯罪被害者や遺族が増える。支援を続けていかないといけないし、過去の犯罪被害者や遺族が権利を獲得してきたことを知れば助けになる」

この記事を共有する

おすすめ情報