PR

土佐防災日記~東北から移住して(1)「故郷被災の悔しさをバネに」四万十町防災職員、中野未歩

PR

東日本大震災の経験を南海トラフ地震に生かすため宮城から高知へ移住した中野未歩さん
東日本大震災の経験を南海トラフ地震に生かすため宮城から高知へ移住した中野未歩さん

 来年、平成23年に起きた東日本大震災から10年を迎える。被災地は復興途上だが、当時中高生だった若者たちは社会人として活躍し始めている。そんな若者のひとりである高知県四万十町役場の防災担当職員、中野未歩さん(27)は故郷の宮城県から移住し、次の大震災と懸念されている南海トラフ地震への備えに尽力する異色の存在だ。連載「土佐防災日記」で「教訓を生かしたい」との思いをつづる。

                  ◇

 私は3年前の平成29年に高知県四万十町へ移住し、現在町役場で危機管理課職員として勤務している。今回は、宮城県石巻市生まれの私が縁もゆかりもなかった四万十町で生活することを決めた経緯について、紹介したいと思う。

 私は新しい世界や環境へ飛び込むことに躊(ちゅう)躇(ちょ)がない性格で、中高時代は実家を飛び出し、仙台市で寮生活。高校では1年間休学しカナダへ留学、大学ではアフリカで半年間国連の業務に携わるインターンシップに参加した。

 カナダ留学から帰国した半年後、仙台市にいた私は23年3月11日、東日本大震災に遭遇した。当時の体験は次回以降触れるが、あの強烈な被災体験がその後の私の運命を決めた。人の役に立つ専門的な深い学びがしたいという気持ちが芽生えた。自然災害にはあらがえないが、被害を減らす方法はあるはずだと考えた。

 大学卒業後、防災分野の研究室に入った。この研究室では現場と協働し実践しながら研究を進めており、私はフィールドワークの現場である高知県へ足を運んだ。5年前初めて高知に降り立った日は雨が降っており、とても寒く、南国のイメージとは異なった印象だったことを覚えている。

 研究対象地域は四万十町とお隣の黒潮町。どちらも政府が公表している南海トラフ巨大地震の被害想定で30メートル級の津波の高さが示されており、津波防災に熱心な土地柄だ。

 研究活動で配慮したのは地域住民の主体性を重んじることだった。最終的な防災の担い手はその土地のことをよく知る地域住民であるため、住民個人個人の生活状況をくみ取り、具体的な課題やニーズを明らかにし、それらを対策にどう反映させるのかを住民と議論し共に考えた。学校や地域の避難訓練といった実践の積み重ねから、想定される災害時の住民の行動をよりよい方向へ進めることを目指した。

 こうした研究活動を通じ四万十町の人々と関係を築くうちに、この町に魅了されていった。そして、この町、この町の人たちには、東日本大震災のような悲惨な体験をしてほしくないとの思いが強くなっていった。こうした思いが長じ、四万十町に移住し、町職員として防災に携わる道を選ぶことになった。(町職員 中野未歩)                

                  ◇

 なかの・みほ 平成5年宮城県石巻市生まれ。23年東日本大震災で被災。関西学院大卒後、京都大防災研究所(修士課程)。31年四万十町役場職員。

この記事を共有する

おすすめ情報