PR

オンラインフィットネス、新たな商機創出にサービス続々 いつでもライブ配信 無料レッスンも

PR

外出自粛で運動不足になった人のため、オンラインで指導するトレーナー(ジムフィールド提供)
外出自粛で運動不足になった人のため、オンラインで指導するトレーナー(ジムフィールド提供)

 外出自粛や休校、在宅勤務が長引いていることで心配されるのが運動不足。この際だからと、ジョギングなどフィットネスを始めたいと考える人も多いようだ。習慣になれば、新型コロナウイルスの感染拡大が収束したあとも関連商品・サービスの需要が伸びる可能性もある。関係業界は効果を実感してもらおうと、オンラインでアドバイスを送っている。(粂博之)

 市場調査会社のクロス・マーケティング(東京)が首都圏に住む20~60代の男女千人を対象に実施したアンケート(複数回答)によると、「外出制限によりマイナスになったこと」でトップになったのは「運動不足」(49・8%)。「今後やってみたい家での過ごし方」では「筋トレやストレッチ」(21・5%)が最も多かった。

 最も手軽に始められる運動の1つがジョギングだ。ただ、磁気治療器のピップ(大阪市)は、在宅勤務などを機に走るようになった「かけ出しランナー」に、慣れていないと膝やふくらはぎを痛める可能性がある、と注意を促す。

 同社スポーツケア用品ブランド「プロ・フィッツ」のYouTube(ユーチューブ)チャンネルで、足を痛めないためのテーピングの仕方などを動画で解説。サポーター、下半身の筋肉のブレを予防するというタイツなど関連商品も紹介しており、同社は「ぜひランニング前に見てほしい」。

 3密(密閉、密集、密接)空間になってしまうジムは営業を停止。運営会社は、オンラインによる在宅トレーニングの指導にシフトしている。

 「在宅太りの救世主はバランスボール」とアピールするのは、会員制フィットネスクラブを運営する東急スポーツオアシス(東京)。スマートフォンなど向けのアプリ(月額使用料1950円)で、バランスボールを使ったトレーニングを指導するライブ配信を7日に始めた。

 音楽に合わせて約20分間、主に下半身を鍛えるという。21日まで毎週木曜日の午後にライブ配信。同社は「同じ時間帯に共通の目的をもった参加者が、自宅にいながらつながりも感じながらトレーニングできる」としている。ライブ配信終了後も内容を見ることができる。

 一方で、無料サービスをアピールするジムも。ジムフィールド(大阪市)は、「政府の緊急事態宣言が解除されるまで」をめどに無料のオンラインレッスンを行う。テレビ会議システム「Zoom」を使い、最大1万人の同時参加が可能。1回30分で、登録すれば期間中何回でも参加できる。

 ライブ配信で指導するトレーナーやインストラクターは約50人。うち40人ほどは社外のフリーランスで、多くは収入が激減しているという。同社の郡勝比呂代表取締役は今回の取り組みで「トレーニングを生活に取り入れる人の裾野を広げ、新規顧客の開拓につながる」と期待している。

 郡氏はまた、在宅勤務を通じて企業が従業員の健康と生産性の関係に注目するようになると予測。これまではセキュリティーやスペースの問題で企業に出向いてのレッスンは難しかったが「オンラインで一気にハードルが下がった」と指摘。「今までの(ジムに顧客を集める)箱型ビジネスは形を変え、オンラインとのハイブリッド型が生き残る」とみている。

この記事を共有する

おすすめ情報