PR

大麻所持の疑いで高校生2人を逮捕 奈良県警

PR

 自宅で大麻を所持したとして、奈良県警奈良西署は9日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、いずれも奈良市内に住む私立高校1年の男子生徒(16)と公立高校1年の男子生徒(16)を逮捕したと発表した。2人とも容疑を認め、公立校の生徒は「大麻を栽培してもうけるつもりだった」と供述している。

 同署によると、8日夕、公立校の生徒の家族から大麻の栽培をめぐってけんかになったと110番があり、駆けつけた署員が生徒の自宅から大麻栽培用のプランターや土を発見。生徒が「友人から前日に大麻をもらって吸った」と話したことから、入手先として私立校の生徒宅を捜索。ポリ袋に入った乾燥大麻や大麻の種を押収し、現行犯逮捕した。生徒は「インターネットで手に入れたり大阪で購入したりした」と供述しており、同署は詳しい入手ルートを調べる。

 公立校の生徒の逮捕容疑は7日頃、自宅で大麻草若干量を所持したとしている。

この記事を共有する

おすすめ情報