PR

武藤元衆院議員を在宅起訴 大津地検、昨年の県議選で法定外文書配布

PR

武藤貴也氏
武藤貴也氏

 昨年4月の滋賀県議選に立候補し、落選した元衆議院議員の武藤貴也氏(40)が選挙期間中、選挙管理委員会に届け出をせずに文書を配ったとして、大津地検が公選法違反(法定外文書頒布)の罪で在宅起訴していたことが23日までに分かった。起訴は昨年12月25日付。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状によると、武藤被告は滋賀県議選に近江八幡市・竜王町選挙区から立候補した際、運動員の40代男性と共謀し、選挙期間中の昨年3月29~31日、同市内の個人宅など29カ所に、選管に届け出ていない「むとう貴也個人演説会」などと題した文書を配布するなどしたとしている。

 公選法では選挙ビラなどを配布する際は選管への届け出が必要とされている。

当時の選挙事務所関係者は産経新聞の取材に「選管に届けていないことは事実だが、運動員に違法の認識はなかった。武藤被告も捜査を通じて知った」と説明した。武藤被告も「支援者が誤ってビラを頒布したようだが、私の指示ではない」とのコメントを発表した。

 武藤被告は平成24年の衆院選で滋賀4区から自民党公認で出馬し初当選。再選後の27年に週刊誌で知人との金銭トラブルを報じられて離党し、29年の衆院選出馬も目指したが、自民党復党が認められず断念した。

この記事を共有する

おすすめ情報