PR

放置の乳児死亡、両親逮捕 神戸、保護責任者遺棄疑い

PR

乳幼児が放置されていた神戸市須磨区の集合住宅=23日
乳幼児が放置されていた神戸市須磨区の集合住宅=23日

 昨年11月に乳幼児4人を自宅に放置してパチンコ店に出掛けたとして、兵庫県警須磨署は23日、保護責任者遺棄の疑いで神戸市須磨区宝田町、会社員、高島伸也容疑者(36)と妻の歯科衛生士、裕美容疑者(38)を逮捕した。4人のうち生後3カ月半の三男、政宗ちゃんが死亡しており、同署は保護責任者遺棄致死の疑いもあるとみて調べる。

 逮捕容疑は昨年11月26日午前10時45分~午後6時半ごろ、当時住んでいた同区前池町の集合住宅の一室で、2人の子供で0~5歳の4人を放置したとしている。2人はその間、JR神戸駅(同市中央区)近くのパチンコ店で遊んでいたといい、「間違いありません」と容疑を認めている。

 同署によると、同日午後6時半ごろ、伸也容疑者が「三男の意識がなく体が冷たい」と119番。政宗ちゃんは搬送先の病院で死亡が確認され、不審点があるとして病院が警察に通報した。死因は判明しなかった。

 伸也容疑者は当初、同署に「午前中から布団で一緒に寝ていて、夕方に息をしていないことに気付いた」などと説明したが、その後に2人で出掛けていたことを認めた。部屋はワンルームで、ごみが散乱していたという。

 長男(5)と長女(3)、次男(1)は健康状態に目立った問題はなく、昨年12月から同市の「こども家庭センター」で保護されている。

 市こども家庭局は平成30年夏ごろから2人を「ネグレクト(育児放棄)の傾向がある」と判断し、定期的に家庭訪問や電話連絡をしていた。担当者は「対応に問題がなかったか精査したい」としている。

この記事を共有する

おすすめ情報