PR

「デザイン経営」が下請け企業を変える 目指すは世界市場

PR

 日本のものづくりを縁の下で支えてきた金属や樹脂、繊維加工などの下請け企業が、デザイナーらと協力し、自社ブランドを立ち上げて海外へ進出する-。そんな挑戦が町工場のひしめく大阪府八尾市で始まった。その名も「YAOYA PROJECT(ヤオヤ・プロジェクト)」。たくさんの商品を扱う八百屋と八尾市をかけた。下請け同士の競争も激化する中、企業が磨いた技術に優れたデザインを取り込んで、世界に販路を拡大するのが狙い。まずは台湾での新商品発売を目標に、商品開発が進んでいる。    (北村博子)

世界観で勝負

 糸巻きを何本も搭載した“操縦桿(そうじゅうかん)”のような存在感のある特殊なミシンが1日の仕事を終え、静かになった工場。生地のストックが積み上がる部屋の一角で、熱心に話し合う人たちの声が響いていた。

 声の主は、蚊帳生地の布巾を小売業者などから受注を受けて生産している縫製会社「ホトトギス」(八尾市跡部(あとべ)本町)に協力して新商品開発を進めているプロダクトデザイナーの木倉谷(きぐらや)伸之さん(25)と塚本裕仁さん(26)だ。

その他の写真を見る(1/3枚)

 「蚊帳生地に興味を持ってくれるのはちょっと背伸びして、いいものを使いたい若い世代じゃない?」「実際に買う人はもうちょっと上の世代のような気もする」

 普段は大手家電や精密機器メーカーに勤め、商品デザインを手がける2人は、ヤオヤ・プロジェクトに参加することが、デザイナーとしての知見を増やす絶好の機会ととらえている。昨年11月から週に1度のペースで工場に集まっては、色付けや試し縫いなどの作業を繰り返してきた。

 今年2月に予定されている台湾の展示会で発表する新商品は台湾の「昼寝文化」にちなみ、アイマスクと決めた。フワリと軽い蚊帳布地の感触を何度も手で確かめながら木倉谷さんが「空気をまとうような世界観をどう打ち出せるかが勝負だと思う」と言うと、塚本さんもうなずく。

 「2人の過去のデザインを見て気に入った」とセンスを見込む同社の盛(もり)利和社長(45)は開発に口をはさまないことを決めている。「彼らの意見を中心にしたものづくりをしたい」

海外へ魅力アピール

 プロジェクトは八尾のものづくりを世界に広めようと八尾市が今年度から始めた事業だ。デザイナーらの協力を得て、企業に自分たちが持つ技術力や商品の魅力を再発見し、商品を売る力もつけてもらうのが狙い。今年度は8企業が参加。昨年9~10月にデザイナーらを国内外から公募で集め、11月には台湾での市場調査を行った。今年2月には台湾で展示会を開くため、現在、各社で試作品づくりが進んでいる。

 商品開発からいきなり海外マーケットを狙う理由として、同市担当者は「先入観なく新規事業を始めやすい。『攻めている会社』として企業のイメージアップにもつながる」などと説明する。

蚊帳を縫うホトトギスの盛利和さん
蚊帳を縫うホトトギスの盛利和さん
その他の写真を見る(2/3枚)

 八尾市がヤオヤ・プロジェクトを始めた背景には、経済産業省と特許庁が推進する企業戦略「デザイン経営」がある。経産省は平成30年にまとめた報告書「デザイン経営宣言」で、あらゆる産業がIT技術をはじめとする新技術の対応など変化を求められる現代において、デザインを活用、重視した経営手法が高い競争力や成長をもたらすと指摘している。

 従来、デザイナーが行ってきた、利用者の視点に立って社会のニーズを見極め、新しい価値観を生み出す作業を経営にも生かそうという宣言だ。経産省は、デザイン経営について、デザインを企業戦略上の中心に置くことや、デザイン責任者の経営陣への参加を定義づけている。

 八尾市は、市内のものづくり企業がデザイン経営を取り入れることで、事業継続や競争力強化を図れるとして、ヤオヤ・プロジェクトの基本概念に取り入れている。

割れないコップ

 家電製品などに幅広く活用されるゴム部品の製造などを手掛ける「錦城護謨(きんじょうごむ)」(八尾市跡部北の町)は、特殊なシリコーンゴム製のコップを開発中だ。割れないメリットを生かしながら、色や細工にもこだわった高級感漂う質感の商品を目指している。

 同社では生産部の吉年(よどし)正人さん(47)ら30代から40代の中堅社員が、ヤオヤ・プロジェクトへの参加を希望した。協力をあおぐのは実力派デザイナーの小林新也さん(32)。デザイン会社「シーラカンス食堂」(兵庫県小野市)の代表を務め、「播州そろばん」や「播州刃物」などの地域産業を斬新なデザインを通じて、売り出すことに成功した手腕に期待を寄せる。

 普段、下請け業者は発注元の仕様に技術力で応えてものづくりを行っている。ただ、社員には作っている製品の用途すら知らされないこともある。同社では「自分たちの仕事が何に役立っているのかいまいち分からない」と疑問を抱き、モチベーションを下げてしまう若手もいるという。

ゴム生地を加工する機械が並ぶ「錦城護謨」の工場=大阪府八尾市(渡辺恭晃撮影)
ゴム生地を加工する機械が並ぶ「錦城護謨」の工場=大阪府八尾市(渡辺恭晃撮影)
その他の写真を見る(3/3枚)

 土木事業部の水田竜平さん(40)は「ものづくりは本来、おもしろいもの。それを仕事にしている会社の魅力を、ヤオヤ・プロジェクト参加を通じて、若手にも伝えたい」と語る。

 自社製品づくりを通じて、販路拡大を狙うだけでなく、ものづくりを担う一人一人に自社の技術力や製品に誇りを持ってもらいたい。ヤオヤ・プロジェクトの狙いはそこにある。

     ◇

【プロフィル】北村博子(きたむら・ひろこ) 大阪府内の街だね取材を担当。錦城護謨の工場内を取材しながら、子供のころの社会見学の、遠い記憶がよみがえってきた。当時、製鉄所や冷蔵庫工場を訪れたがゴム工場は初めて。小学生気分に戻ってワクワクした。ものづくりの現場には驚きがあふれている。

この記事を共有する

おすすめ情報