PR

パナとトヨタの新社が発足 戸建て住宅で国内2位に

PR

 パナソニックとトヨタ自動車の住宅事業を統合した新会社「プライムライフテクノロジーズ(PLT)」が1月、発足した。合算した一戸建て住宅の販売戸数は積水ハウスなどを上回る約1万5000戸で、国内2位に浮上。人口減少で住宅メーカーに逆風が吹く中、車や家電で培った両社の技術を持ち寄って「次世代の街づくり」という新たな分野の開拓を目指す。

 詳細は公表していないが、パナソニックとトヨタが同率を出資し、三井物産も少額出資した。パナソニックホームズやトヨタホーム、ミサワホームなど5社が傘下に入り、社長にパナソニックの専務執行役員だった北野亮氏が就いた。

 統合の背景には、国内市場の縮小がある。

この記事を共有する

おすすめ情報