PR

関学大アメフト部新監督に大村氏「新しいことに挑戦」

PR

【関西学院大アメフト部新監督】監督就任会見を行う大村和輝アシスタントヘッドコーチ=関西学院大(撮影・岡田茂)
【関西学院大アメフト部新監督】監督就任会見を行う大村和輝アシスタントヘッドコーチ=関西学院大(撮影・岡田茂)

 関西学院大アメリカンフットボール部は22日、昨季で退任した鳥内秀晃前監督の後任に同部アシスタントヘッドコーチ兼攻撃コーディネーターの大村和輝氏(48)が2月1日付で新監督に就任すると発表した。同大学で記者会見した大村氏は「部の伝統、文化、歴史を背負い、新しいことに挑戦して進化させたい」と抱負を語った。

 大村氏は同部の選手として1990年から4年間、攻撃のTEなどとして活躍し2、4年時に学生日本一に輝いた。卒業後は社会人Xリーグのオービックなどでコーチを務め、2009年に関学大アメフト部コーチに就任した。

 チームを象徴する存在だった鳥内前監督からバトンを託される重圧について大村氏は「(重圧があると)いっても仕方がない」とし、「ファンダメンタル(基本技能)とプレーの精度はどこにも負けないぐらいこだわりたい。勝つべくして勝ったといえる試合をしたい」と意気込んだ。

この記事を共有する

おすすめ情報