PR

京都水族館でダイオウイカの特別展示、22日までの2日間限定

PR

京都水族館で展示されているダイオウイカ=21日、京都市下京区の京都水族館(桑村大撮影)
京都水族館で展示されているダイオウイカ=21日、京都市下京区の京都水族館(桑村大撮影)

 京都水族館(京都市下京区)で21日、京都府伊根町沖で捕獲されたダイオウイカの特別展示が始まった。22日まで。

 展示されているダイオウイカは全長約4・8メートル、体重約140キロ。20日早朝に丹後半島沖の定置網にかかったが、まもなく死んだものを氷で保存し、同水族館に運んできたという。

 ダイオウイカは世界最大のイカとして知られ、水深約650~900メートルの深海に住むとされる。一方、目撃例は少なく詳しい生態は分かっていない。

 初めて実物のダイオウイカを見たという神奈川県相模原市のパート、小島充子さん(61)は「これほど大きいとは思わずびっくりした」と話していた。

この記事を共有する

おすすめ情報