PR

京アニ火事 京都市長、社民支部ら不適切発言相次ぐ「選挙利用」と批判も

PR

門川大作・京都市長(永田直也撮影)
門川大作・京都市長(永田直也撮影)

 アニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ)の京都市伏見区のスタジオから出火し、33人が死亡した事件を受け、政治家からも哀悼の意を示す発言が相次いでいる。ただ、参院選期間中とあって、中には便乗して候補者や政党をアピールしているととらえられかねないようなコメントもあり、ネット上などでは「政治利用だ」などと批判を浴びている。

 京都市の門川大作市長は事件直後の18日夜、同市内で開かれた候補者の演説会で事件を引き合いに、「火事は3分、10分が大事。選挙は最後の1日、2日で逆転できる」と発言。翌19日、文書で「事件について多くの方が不安や悲痛な思いを抱かれている中、不適切であり、心からおわび申し上げます」と発表した。

 一方、社民党杉並支部は18日夕方、ツイッターで事件に触れた上で《杉並区内にも(アニメ)制作会社があります。社民党は『表現規制』に反対し制作会社で働く皆さんの労働環境改善に取り組んできました》と投稿。数時間後に削除されたが、「こんなときにまで党の宣伝か」「不謹慎だ」などと批判が殺到した。

 同党は「選挙でがんばらなければならないという熱心さのあまりに担当者が書き込んでしまった。不適切な内容で二度とないようにしたい」とコメントした。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報