PR

G20の記念特別切手、海外の記者らに人気

PR

お土産に人気のG20大阪サミット切手。メディアセンター内の郵便局でも販売されている=大阪市住之江区(彦野公太朗撮影)
お土産に人気のG20大阪サミット切手。メディアセンター内の郵便局でも販売されている=大阪市住之江区(彦野公太朗撮影)

 G20首脳会議の開催を記念して発行された特別切手が、会場のインテックス大阪(大阪市住之江区)内に開設されている国際メディアセンター(IMC)で、人気を集めている。

 特別切手のデザインは5種類。カラフルな梅結びの水引や大阪城、通天閣のほか大阪市中央公会堂など大阪を代表するランドマークが描かれている。

 日本郵便によると、水引はG20出席国のパートナーシップや日本のおもてなしの精神を表現。梅結びは大阪にゆかりが深く、府の花として採用されているウメにちなんだという。

 特別切手は6月14日から全国の郵便局で販売されており、IMC内に設けられた臨時郵便局では、お土産として購入する外国人記者も。販売スタッフは「海外への郵便にも使えるのでぜひ」と話している。

この記事を共有する

おすすめ情報