PR

また煙玉 G20サミット開催の大阪市内 

PR

玉のようなものが置かれたG20大阪サミット主会場近くを調べる大阪府警の警察官=28日午後4時48分、大阪市住之江区
玉のようなものが置かれたG20大阪サミット主会場近くを調べる大阪府警の警察官=28日午後4時48分、大阪市住之江区

 20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれている大阪市内で28日夜、煙玉が1個見つかった。28日午後には、サミット会場のインテックス大阪(大阪市住之江区)近くの路上にも煙玉が3個置かれていたが、新たに見つかったものと似ており、大阪府警などは関連を調べている。

 府警によると、28日午後8時ごろ、大阪市北区中之島の川沿いの遊歩道で、警戒中の警察官が煙が上がっているのを発見。煙が消えた後、ベンチの下に一部が焦げた煙玉1個が落ちていた。現場は大阪駅から南へ約1キロで周辺には首脳らが宿泊するホテルがある。

 サミット会場の西約500メートルの路上では28日午後2時25分ごろ、不審な男が煙玉3個を置いて逃走。いずれもけが人はなかった。

この記事を共有する

おすすめ情報