PR

【G20】大学生通訳ボランティア奮闘 大阪・関西の魅力発信 

PR

G20大阪サミット インテックス大阪の「大阪・関西魅力発信スペース」で海外メディアに通訳をする学生ボランティア(右)=28日午前10時8分、大阪市住之江区(鳥越瑞絵撮影)
G20大阪サミット インテックス大阪の「大阪・関西魅力発信スペース」で海外メディアに通訳をする学生ボランティア(右)=28日午前10時8分、大阪市住之江区(鳥越瑞絵撮影)

 サミット会場であるインテックス大阪(大阪市住之江区)では、海外の報道関係者に応対する学生通訳ボランティアが奮闘している。大阪府内の大学や大学院に通う語学が得意な学生たちで、大阪・関西の情報発信や観光案内を担当。大阪府の吉村洋文知事は「一人一人が広報官として、魅力を世界に発信してもらいたい」と期待を寄せている。

 「これは『お茶屋遊び』といいます。舞妓(まいこ)さんと一緒に体験してみませんか」

 27日午後、会場の国際メディアセンター(IMC)内にある大阪・関西の文化を発信するブース。通訳ボランティアの女子大学生(23)が流暢(りゅうちょう)な英語で話しかけると、外国人記者たちは興味深そうに次々と質問をしていた。

 女子学生は案内後、「緊張するが、海外の人と話す機会は貴重な経験になる」と充実した表情で語った。

 ボランティアは、大阪府市や経済界などからなる「G20大阪サミット関西推進協力協議会」が募集した学生計36人。ピンク色のポロシャツに身を包み、IMCが開設された27日から閉鎖される30日まで、交通案内をしたり、大阪・関西の観光や文化をPRしたりしている。

 府市は、G20を機に大阪の知名度向上や魅力発信を図り、会場の咲洲(さきしま)に隣接する夢洲(ゆめしま)(同市此花区)で6年後に開催される2025年大阪・関西万博の成功につなげたい考え。大阪のグローバル化に向けて万博でも若い力を積極活用する姿勢を打ち出しており、今回の学生通訳ボランティアはその象徴的な存在だ。

 工学部で学ぶ男子大学院生(23)は通訳ボランティアとして「大阪のロボット産業や精密機器の技術の高さも発信したい」と張り切り、「将来、万博にも関わることができれば」と話す。

 吉村知事は「通訳ボランティアの学生など若者には、今後当事者として万博に加わってほしい。グローバル意識を持って大阪を成長させてもらいたい」としている。

この記事を共有する

おすすめ情報