PR

列車通過前に遮断機あがる?踏切でタクシーと衝突

PR

 23日午前1時45分ごろ、大阪市住吉区沢之町の南海高野線の踏切内で、タクシーと作業列車が衝突し、タクシーの男性運転手(68)が軽傷を負った。踏切の遮断機が列車の通過前に上がっていたとみられ、大阪府警住吉署が、事故原因を詳しく調べている。

 同署や南海電鉄によると、現場の踏切は事故前、警報機が鳴り、遮断機も下りた状態で、タクシーは踏切前で停車していた。作業列車の運転士は「踏切に進入する直前に遮断機が上がった」と説明しているといい、遮断機が上がった後にタクシーが線路内に入り、通過しようとした作業列車とぶつかったとみられる。タクシーに乗客はいなかった。

 遮断機は列車の通過時に線路から流れる電流を感知し、下りたり上がったりする仕組みだが、事故時は警報機も鳴りやんでいたという。同電鉄の担当者は「列車や遮断機を点検するなどして原因を究明する」としている。電車の運行に影響はない。

この記事を共有する

おすすめ情報