PR

大津事故 2歳男女2人が死亡、9人が骨折など重傷

PR

レッカーで運ばれる事故車両 =8日午後、大津市(永田直也撮影)
レッカーで運ばれる事故車両 =8日午後、大津市(永田直也撮影)

 大津市大萱の交差点で8日午前、保育園児の列に車が突っ込み15人が死傷した事故で、園児13人のうち、2人が死亡、9人が骨折などの重傷を負っていたことが滋賀県警大津署への取材で分かった。

 同署によると、いずれも2歳の男女が搬送先の病院で死亡。また、2歳の男児が頭を強く打ち、集中治療室で治療を受けている。このほか、2~3歳の男女8人が足や肋骨(ろっこつ)を折る重傷を負った。残りの2人は軽傷だという。

 事故当時、園児には保育士の女性3人が付き添っており、27歳と47歳の女性が病院に搬送されたが軽傷。もう1人の女性(33)も軽いけがをした。

この記事を共有する

おすすめ情報