PR

神戸ビーフ発信の拠点オープン

PR

神戸市中央区の新神戸オリエンタルアベニューにオープンする「神戸ビーフ館」=神戸市中央区
神戸市中央区の新神戸オリエンタルアベニューにオープンする「神戸ビーフ館」=神戸市中央区
その他の写真を見る(1/2枚)

 神戸ビーフや但馬牛をPRする施設「神戸ビーフ館」が神戸市中央区の新神戸オリエンタルアベニュー3階に完成し、23日に記念式典が行われた。神戸ビーフが食べられるほか、提供飲食店や歴史を紹介するコーナーも設置されている。オープンは24日。

 世界的に認知度の高い神戸ビーフだが、「どこで食べていいかわからない」という観光客の声が多かったことから、県が情報発信拠点として整備を進めた。

 同館のレストランでは神戸ビーフを使った「鉄板焼ロースステーキ」(80グラム税抜き5千円)や「バラ焼肉ランチ」(同1500円)を提供しているほか、神戸ビーフを提供する国内約60店舗を検索できるシステムも設置している。

 この日、行われた記念式典には食肉流通団体や県議など約30人が出席。井戸敏三知事は「神戸ビーフのブランド力向上とともに、味覚と観光の拠点になることを期待する」と祝辞を述べた。

 営業時間は午前11時半~午後9時(レストランは午後3~5時は閉店)。不定休。

この記事を共有する

おすすめ情報