PR

パークセンターに子供の遊び場…環濠集落跡に公園整備

PR

一部が開園した安満遺跡公園=高槻市
一部が開園した安満遺跡公園=高槻市

 大阪府高槻市中心部に、弥生時代の環濠集落跡などが地下にある「安満(あま)遺跡公園」(同市八丁畷町)の一部約4ヘクタールが23日、開園した。ジョギングを楽しむ人のためにシャワーなどを備えたパークセンターや子供の遊び施設、カフェレストランがある。

 開園したのは公園の西側エリア。JR高槻駅や阪急高槻市駅から徒歩十数分の距離にあり、市が整備に取り組んできた。

 パークセンター(午前9時~午後7時)には、シャワーのほか、公園事務室、更衣室、貸し部屋を設置。子供の遊び施設(午前10時~午後7時)は、屋外と屋内があり、親子が遊べる木製遊具などを設置。対象は6カ月~12歳の子供で、親子1組で1500円の料金が必要。

 開園初日は式典があり、ステージではダンスやバンド演奏などを披露。多くの市民らでにぎわった。

 平成33年には計約22ヘクタールの広大な公園が全面オープンする予定で、市は完成すれば年間約50万人が来場すると見込んでいる。

この記事を共有する

おすすめ情報