PR

【動画】プラレール発売60周年特別SL運行 京都

PR

京都鉄道博物館に実物大プラレールが登場 プラレール発売開始から60年を記念して、京都鉄道博物館に実物大のプラレール線路が登場した =23日、京都市下京区の京都鉄道博物館(永田直也撮影)
京都鉄道博物館に実物大プラレールが登場 プラレール発売開始から60年を記念して、京都鉄道博物館に実物大のプラレール線路が登場した =23日、京都市下京区の京都鉄道博物館(永田直也撮影)

 玩具メーカー「タカラトミー」の鉄道玩具「プラレール」の発売60周年に合わせ、京都鉄道博物館(京都市下京区)で23日、敷地内を走る蒸気機関車(SL)に特別仕様のヘッドマークを付けた「プラレール60周年SLスチーム号」の運行が始まり、SL近くにプラレールを模した巨大な青いレールが敷かれた。5月7日まで運行する。

 この日の開幕式には、地元の幼稚園児や保護者ら約70人が参加。タカラトミーの富山幹太郎会長は「60年間たくさんの子供たちに愛され続けてきたプラレールの歴史を、この先も青いレールに乗せてつなげていきたい」とあいさつした。

 期間中はSL乗り場が「きょうとてつはく プラレール駅」と改名されるほか、プラレールのキャラクター「てっちゃん」の音声案内が流れる。本館では、巨大なプラレールのジオラマや、これまでに発売された車両などが並ぶ企画展示も開かれている。

 プラレール仕様のSLは午前11時~午後4時で約30~60分に1本運行。問い合わせは同館(0570・080・462)。

この記事を共有する

おすすめ情報