PR

母親とみられる遺体放置

PR

 大阪府警和泉署は23日、自宅で母親とみられる遺体を放置したとして死体遺棄の疑いで、無職の男(52)=同府和泉市和気町=を逮捕した。「声をかけても動かなくなった。どうしていいか分からなかった」と供述している。

 逮捕容疑は、昨年8月下旬ごろ、死亡した母親=当時(76)=とみられる遺体を自宅の浴室に放置したとしている。

 和泉署によると、男は母親と2人暮らし。今月21日、母親の妹が市内の交番に「姉と連絡が取れない」と届け出た。署員が22日に母親の自宅を訪れ遺体を発見。腐敗が進んでおり、身元の確認を進める。

この記事を共有する

おすすめ情報