PR

若者の投票を期待 広島、選挙啓発大型看板など設置

PR

広島県庁前に設置された投票を呼びかける看板=22日、広島市中区
広島県庁前に設置された投票を呼びかける看板=22日、広島市中区

 広島県と広島市の選挙管理委員会は22日、県庁前(中区)やJR広島駅前(南区)などに、統一地方選への投票を呼びかける大型看板や垂れ幕などを設置した。

 このうち県庁前の大型看板は縦2・5メートル、幅4・5メートル。赤を基調に、地元で活躍するタレントを採用。選挙権が18歳以上に引き下げられてから初の統一地方選のため、若者にも積極的に投票してもらおうと、「ひろしま投票家族」をテーマにしている。

 広島市長選告示翌日の25日からは、県特設HPで投票を呼びかけるCMなど計4本の動画を公開。また県議選、広島市議選告示日の29日からはテレビCMの放送も開始。両選管は4月7日の投票日まで啓発用ティッシュの配布や、花電車の運行などで投票を呼びかけていくという。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報