PR

【夜間中学はいま】(2)20年通って卒業…仲間に感謝

PR

奈良市立春日中学校夜間学級の卒業式。20年間夜間学級に通い、この日卒業を迎えた陳秋蘭さん。卒業証書を抱え、笑顔を浮かべた=16日夜、奈良市(渡辺恭晃撮影、一部画像処理しています)
奈良市立春日中学校夜間学級の卒業式。20年間夜間学級に通い、この日卒業を迎えた陳秋蘭さん。卒業証書を抱え、笑顔を浮かべた=16日夜、奈良市(渡辺恭晃撮影、一部画像処理しています)
その他の写真を見る(1/6枚)

前のニュース

 夜間中学は働きながら通学する人や高齢者も多く、一般の中学生と同じペースでの学習は難しい。奈良市立春日中の夜間学級で今月16日に行われた卒業式では、卒業生4人のうち3人が20年にわたって通学を続けた生徒だった。時間をかけ、地道に学び続けた人たちだ。

 卒業式は午後6時から。明かりの灯った集会室で式は厳かに進んでいた。「中学校の課程を卒業したことを証します」。榎本克之校長から卒業証書を受け取った陳秋蘭(チン・チュウラン)さん(72)は、腰を90度近く曲げ、深く深く頭を下げた。

 中国・南京の診療所で医師をしていた日本人の父親と中国人の母親の間に生まれた陳さん。幼少期には、「日本人の子」と、いじめにもあった。

 春日中の生徒の年齢層は10代から80代と幅広く、日本、中国、ネパール、フィリピンと国籍も多様で、異なることが当たり前。陳さんは母校の良さを「いじめがない。差別がない」と表現した。

自治会役員の仕事こなすまでに

 33歳まで父親に会ったことがなかった。父は終戦を機に、陳さんを身ごもっていた母親に「迎えに来る」と言い残して日本に帰国。国交正常化を経た1979年、父がやっとのことで中国を訪れてくれたときが、初対面となった。日本に来ないかと持ちかけてくれたが、そのときはかなわなかった。

 父の死後、50歳を過ぎてから家族と来日。当初は日本語が分からず、何もかも不安だった。孫が通う幼稚園の送迎時間も分からない。スーパーでイチゴ1パックの値段を1箱分と間違えたこともあった。

 夜間中学には一足早く来日した兄の紹介で入った。「あいうえお」から日本語を始め、徐々に言葉が分かるようになると、少しずつ日本のことも理解できるようになった。

 努力を続けて読み書きができるようになり、最近では自治会の役員の仕事もこなせるように。「全部、日本語で大丈夫です。春日中に感謝します」と語る陳さんの表情は、誇らしげだった。

 入学したときに幼稚園児だった孫はすでに大学を卒業し、今は社会人に。「学びを続けたい」という思いから4月からは、日本語教室に週1回通うことにしている。

「青春」取り戻す機会にも

 日本にルーツを持ちながら中国で育ち、高齢になってから来日した引き揚げ者にとって、日本語を学ぶことは相当難しい。この日、卒業生代表であいさつした尹广有(イン・グァンユウ)さん(71)も苦労を重ねた一人だ。

 「学びの大切さと楽しさを教えてくれた先生方、一緒に勉強した仲間たち、長い間お世話になりました」。尹さんは手にした紙の文字を追い、かみしめるように読み上げていた。

 満蒙開拓団の一員として中国・東北部に渡った日本人の母親のもとに誕生。母親は1961年、34歳で亡くなったが、当時は日中に国交がなく「日本に帰りたくても帰れなかった」。

 その後、母の祖国で暮らしたいと20年あまり前に来日。友人の紹介で夜間中学に入った。家計や子供の学費を稼ぐため、働きづめの日々。夜間中学に毎日通えるようになったのは、入学9年目からだった。

 中国育ちのため漢字の意味は理解できたが、戸惑ったのは、日本語ならではの音読み、訓読み。「年を取ってからの勉強は大変。なかなか上達しませんでした」と振り返る。

 夜間中学にも多くの行事があり、十分な教育を受けられなかった人たちにとって、青春を取り戻す機会にもなっている。尹さんも文化祭で汗を流してチヂミを焼き、行事では中国の楽器・二胡を演奏した。

 春日中は、前身となった私設の自主夜間中時代に夕食にうどんが提供されていたことから、「うどん学校」の愛称もある。そのゆかりもあって、一泊体験学習では香川県を訪問。級友と讃岐うどんを打ったこともあった。尹さんにとって、こうした思い出は「一生忘れられない」という。

 20年にわたり、学びを続けることができたのは、ともに学ぶ仲間がいたからなのだろう。陳さんは「仲間と一緒に勉強できなくなるのが寂しい」と涙を浮かべ、級友と抱き合って別れを惜しんでいた。

 深沢吉隆教頭は、「家族の存在も大きかったのではないか」と語る。陳さんはともに来日した夫や子供も夜間中学に通学。尹さんも妻の牟蘊馥(ム・ユンフ)さん(69)と支え合い、学び続けた。

 「みなさんも夢に向かって諦めず、挑戦して頑張ってください」。尹さんは卒業生のあいさつを在校生へのエールで締めくくった。

   ◇   ◇

自治体で異なる在籍期間

 夜間中学の修業年限は3年だが、時間をかけて学習を続ける生徒が多く、3年を超えた在籍期限を設けている自治体もある。奈良市では以前は20年だったが、平成29年度に入学した生徒からは原則9年(最大12年)に。奈良市教育委員会の担当者は「学習に時間がかかる生徒への配慮もあって、昼の中学校より長く在籍できるようになっている」と説明する。

 奈良県橿原市の夜間中学の場合も上限が12年。11校の夜間中学がある大阪府では基本的に6年だが、校長が「やむを得ない事情がある」と判断した場合は9年まで延長できる。

 一方、東京都や神戸市、広島市などは特に上限を設けていないが、3年以内で卒業するケースが多く、設置自治体によって状況は異なっている。

     ◇

 「夜間中学」に関する体験談やご意見、ご感想を募集します。

 住所、氏名、年齢、電話番号を明記していただき、郵送の場合は〒556-8661(住所不要)産経新聞大阪社会部「夜間中学取材班」、FAXは06・6633・9740、メールはyachu@sankei.co.jpまでお送り下さい。

次のニュース

この記事を共有する

おすすめ情報