PR

名古屋市職員の男ら逮捕 3千万円強盗致傷疑い

PR

 愛知県知立市のパチンコ店駐車場で昨年10月、景品交換所の男性会社員(35)から現金3千万円を奪い軽傷を負わせたとして、県警は21日、強盗致傷の疑いで、名古屋市交通局職員、夏山光生容疑者(36)=名古屋市守山区下志段味焼田=と会社員、伊藤琢也容疑者(36)=同区川上町=を逮捕した。

 安城署によると、伊藤容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているが、夏山容疑者は「分かりません」と否認している。付近の防犯カメラの映像などで浮上した。以前から知人同士という。当時の状況から現金を奪った実行犯は1人で、同署は2人の役割分担などを調べている。名古屋市交通局によると、夏山容疑者は市営地下鉄の車掌で、事件後も通常通り勤務していたという。交通局は「事実であれば重大な事案で申し訳ない。厳正に対処したい」としている。

この記事を共有する

おすすめ情報