PR

大阪知事選、21日告示 都構想の是非や政治手法争点に

PR

 大阪府知事選は21日、告示される。24日告示の市長選とのダブル選で、いずれも地域政党・大阪維新の会の公認候補と、自民党などが推薦する候補との対決が軸となりそうだ。維新は看板政策・大阪都構想の実現を掲げ、これに反対する各党が包囲網を敷く構図。都構想の是非を主要争点に、4月7日の投開票に向けて大阪の将来像を決める選挙戦がスタートする。

 知事選には、維新政調会長の吉村洋文・大阪市長(43)と、自民党や公明府本部などが推薦する元府副知事の小西禎一(ただかず)氏(64)が立候補を表明している。

 大阪市長から知事選に挑む吉村氏は、府と市の二重行政が大阪の成長を阻害してきたと指摘。都構想により司令塔を一元化して役割分担することで「大阪全体の成長戦略を描くことができる」としている。

 対する小西氏は、府幹部として行財政改革に取り組んだ実績をアピール。都構想は基礎自治体の権限を強化する地方分権の流れに逆行していると批判し、都構想の議論そのものに「終止符を打つ」と訴えている。

 24日告示の大阪市長選では、知事からのくら替えとなる維新代表の松井一郎氏(55)と、自民、公明府本部などの推薦を受ける元大阪市議、柳本顕(あきら)氏(45)が立候補を表明している。

 知事・市長のダブル選、府議・市議選はいずれも4月7日に投開票される。大阪市での4選挙の同日選は昭和46年4月以来。

 一連の選挙では、都構想の是非に加えて、府市におけるこれまでの維新政治に対する評価、さらに政策実現のために知事・市長の入れ替え選を仕掛けた維新の政治手法も争点になりそうだ。

この記事を共有する

おすすめ情報