PR

グループ内でトラブルか 愛媛の中2同級生刺傷

PR

 愛媛県西条市立中で2年生の男子生徒(14)の頭を刃物で刺したとして殺人未遂容疑で同級生の男子生徒(14)が逮捕された事件で、2人が行動を共にしていたグループ内で人間関係をめぐるトラブルがあったことが20日、捜査関係者や同校の生徒らへの取材で分かった。西条署はトラブルが引き金になったとみて詳しく調べる。

 逮捕容疑は午前8時半ごろ、体育館で同級生の後頭部を刃渡り約9センチの果物ナイフで刺して殺害しようとしたとしている。「殺すつもりで刺した」と容疑を認めている。被害生徒は後頭部に3週間のけがをした。

 捜査関係者や生徒らによると、逮捕された生徒は2年生になってから被害生徒を含む10人程度のグループで行動していたが、被害生徒から「関わらないで」と告げられ、3月上旬にグループを抜けた。グループの別の男子生徒は「毎日、果物ナイフを持っていて、危ないと感じ、距離を取るようになった」と話した。

 市教委などによると、同日午前8時半ごろから体育館で全校集会があり、2人は別のクラスで近くに並んでいた。

この記事を共有する

おすすめ情報