PR

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】アドラー心理学で来季は阪神優勝できる?

PR

巨人に勝利してファーム日本一になり、胴上げされる阪神・矢野燿大2軍監督=10月6日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・村本聡)
巨人に勝利してファーム日本一になり、胴上げされる阪神・矢野燿大2軍監督=10月6日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(撮影・村本聡)

 62+23=85。この足し算、カンのいい人ならすぐにピンと来るはずだ。というか、阪神ファンなら、すでに何度か頭の中で足し算しただろう。

 「62」は今季の金本阪神の勝ち数(62勝79敗2分け)。「23」は阪神がFA補強で獲得した西勇輝投手(28)が今季オリックスで残した10勝(13敗)と、中日を退団し他球団との争奪戦の末に獲得したオネルキ・ガルシア投手(29)が今季挙げた13勝(9敗)を足した数字。今季のチーム+(西+ガルシア)=85勝となる。

 3連覇を飾った広島の今季成績は82勝59敗2分け。つまり、来季の阪神が85勝すれば悠々と優勝ラインに手が届く。計算上、14年ぶりのリーグ制覇は確実ということになる。しかも、今季の先発投手陣はメッセンジャーこそ11勝したが、後は岩貞と小野の7勝が目立つぐらいで、藤浪も秋山も期待外れだった。たとえ、彼らが来季も期待通りに投げてくれなくても、23勝の上積みがあるのだから「85勝V」は妄想の類いでも何でもない…はずだ。

 さらに、心強いことに矢野燿大(あきひろ)新監督(50)の采配、選手起用には隠れた“参考書”があるそうだ。2軍監督に就任してから出合った1冊の本。球団関係者に自ら「目からうろこが落ちたんだ」と語った『アドラー心理学』の本だ。

 オーストリアの心理学者、アルフレッド・アドラーが創始した個人心理学とも呼ばれるもので、考えを平易に解説した『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見一郎、古賀史健著)はベストセラーになっている。

 簡単に教えの一端を書くとこうなる。

 個人をそれ以上分割できない存在であるとし、<人間の生を個人という全体が個人の必要な機能などを使って目的に向かって行動していると考える。人間は相対的にマイナスの状態(劣等感を覚える位置)から相対的にプラスの状態(優越感を覚える位置)を目指して行動していると考える>

 矢野新監督はこの教えを応用して今季の阪神2軍を率いていたそうだ。結果はウエスタン・リーグで68勝40敗7分けで優勝。イースタン・リーグ優勝の巨人とのファーム選手権にも勝ち、みごとにファーム日本一に輝いた。ウエスタン・リーグでの盗塁数は163。「超積極野球」と評された矢野采配の裏側には、先にあげたアドラー心理学の後半部分が支えとして存在していたようだ。来季は1軍監督として、選手の心理面をうまく分析しながら戦いを進めていくはずで、新監督としての経験不足など全く心配無用だろう。

 少し気が早いが、来季の戦力分析をすると、大型補強に成功した原巨人が強そうだ。FA補強でライバルの広島から丸を獲得し、米大リーグ・パドレスで4番を打ったビヤヌエバも取った。さらに炭谷のFA補強、岩隈の獲得。絶対エースの菅野もいる。阪神関係者も「来季は巨人が強烈に強い。今季も大きく負け越し(8勝16敗1分け)たし、来季は打倒・巨人を果たさないと優勝には届かない」と話していた。

 しかし、西とガルシアの加入で投手陣に厚みが増した上に、矢野新監督の采配にも大いに期待が持てそう。来年の話をすれば鬼が笑う…と言うが「鬼筆」が書いているのだから、鬼も納得する? 今年最後のコラムで阪神ファンは来年を明るい気持ちで迎えることができるはずだ。来年こそ阪神タイガース、がんばれ!!(特別記者)

この記事を共有する

おすすめ情報