PR

「災害に強い地域に」 高松商工会、新会頭に泉雅文氏を選任

PR

会見であいさつする新会頭に就任した泉雅文氏=高松市
会見であいさつする新会頭に就任した泉雅文氏=高松市

 高松商工会議所は11月30日、臨時議員総会を開き、新会頭の選任を行った。第19代の会頭には、四国旅客鉄道(JR四国)取締役会長の泉雅文氏(66)が就任した。任期は来年10月末まで。辞任した前会頭の渡辺智樹氏の残りの任期を務める。

 泉氏は昭和51年に京都大学法学部を卒業し、日本国有鉄道に入社。JR四国の代表取締役社長などを歴任し、平成28年6月から現職に就いている。

 総会後に開かれた会見で泉氏は「人手不足と円滑な事業継承という2つの大きな課題を進めていくとともに、災害に強い地域経済の構築にも務めていきたい」と決意を述べた。

 今回の就任を受けて泉氏は、香川県商工会議所連合会会長、四国商工会議所連合会会長、日本商工会議所副会頭にも自動的に就任した。

この記事を共有する

おすすめ情報