PR

【宝塚歌劇団】雪組新人公演主演の綾凰華、繊細な芝居でファントムを好演 「たくさんの課題に挑戦できた感謝」

PR

雪組新人公演「ファントム」で主演した男役スター、綾凰華(右)と相手役の野々花ひまり(左)
雪組新人公演「ファントム」で主演した男役スター、綾凰華(右)と相手役の野々花ひまり(左)

 宝塚歌劇団雪組公演「ファントム」の新人公演が27日、兵庫・宝塚大劇場で行われた。入団7年目までの生徒で上演される公演。入団7年目の男役スター、綾凰華(あや・おうか)が繊細な芝居で主人公のファントムを演じ切った。

     

 カーテンコールのあいさつ。2度目の新人公演主演の綾は「エリック(ファントム)としてこの作品(の世界)を生き、たくさんの課題に挑戦できた感謝とともに…」。一呼吸置き、力強く言い切った。「反省点や悔しい思いが山積なので、もっと精進します」。入団7年目で今作が自身最後の新人公演。より高みを目指すことを誓った。

 脚本・アーサー・コピット氏、音楽・モーリー・イェストン氏によるミュージカル「ファントム」は、ガストン・ルルー氏の小説「オペラ座の怪人」をもとにした作品。1991年に米国で初演。宝塚では平成16年に宙(そら)組で初演され、今回の本公演は7年ぶり4度目の上演となる。

 19世紀後半のパリ。素顔を仮面で隠し、オペラ座の地下に住むファントム(怪人)こと、エリックの葛藤や親への思慕、オペラ歌手を目指すヒロイン、クリスティーヌへの愛を描く。

 彩は立ち姿が美しく、センターで映える。終盤の要のとなる、男役スターの縣千(あがた・せん)演じるオペラ座前支配人、キャリエールとの場面も、抜群の芝居で魅せた。

 壮大な1本立ての海外ミュージカルで、本役は劇団屈指の歌唱力を誇るトップコンビ、望海風斗(のぞみ・ふうと)と真彩希帆(まあや・きほ)。終演後の取材で綾はあらためてその重圧と反省を口にした。

 「物語の内容も深く、1回でも『やる(演じる)ぞ』と思うと気合を要する作品。始まる前は、とにかく無事に最後まで…と思っていましたが、終わってみると自分に対する反省点が多くて」と己に厳しい。

 昨年、星組から雪組に組替え。初主演した新人公演から3作連続、雪組トップ、望海の役柄を演じており、多くアドバイスを受けてきた。この日は望海から「今日は楽しんで。自分に厳しくあれば大丈夫」という金言をもらった。

 綾は「その言葉は胸に染みました。誰より自分が自分に厳しくあらねばと」ときっぱり。「普段より舞台の空間を感じることができました。新人公演に出させていただく度、自分に対してクリアしたい課題がある。自己反省し、本公演と東京公演に生かせるよう努力したい」と話した。

 相手役を務めた入団6年目の野々花(ののか)ひまりも2度目のヒロイン。この日の上演前には、本役の娘役トップ、真彩から「頑張ってね」「かわいいよ」と言われたそう。野々花は「テンションの上がるお言葉をかけていただきました。真彩さんのようにステキに歌えるように、もっと歌唱を磨いていけたら」と笑顔で語っていた。

 東京宝塚劇場での新人公演は来年1月24日。

この記事を共有する

おすすめ情報