PR

USJ来春にハリポタ新ナイトショー、初の観客参加型

PR

新ナイトショーのイメージ TM&(C) Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (C) JKR.(s18)(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン提供)
新ナイトショーのイメージ TM&(C) Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (C) JKR.(s18)(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン提供)

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)は27日、映画「ハリー・ポッター」がテーマのエリアの開業5周年を記念し、来春に夜の新しいショーを始めると発表した。

 新ショーの「ホグワーツ・マジカル・セレブレーション」は「ハリー・ポッター」の原作を通じて、魔法に出合った頃の主人公ハリーの物語を描く。

 観客が魔法魔術学校のグッズを身にまとって楽しめるようにする。

 「ホグワーツ城」の壁などに立体映像を投影するプロジェクションマッピングや、アクロバットをふんだんに取り入れ、映画のシーンを再現するという。

 魔法魔術学校の4つの寮をテーマに、各寮の赤、青、黄、緑のそれぞれのシンボルカラーと紋章をモチーフにした映像がホグワーツ城に投射される。

 「ハリポタ」エリアは平成26年7月に450億円を投じて開業。原作シリーズ小説の発行部数は5億冊を超えて映画や舞台演劇にも広がるなどファン層は厚く、USJで最も人気を集めるエリアのひとつとなっている。

この記事を共有する

おすすめ情報