PR

関西生コン支部幹部を再逮捕 別の出荷妨害容疑 大阪府警

PR

七牟禮時夫容疑者(中央)=9月18日、大阪府守口市(小松大騎撮影)
七牟禮時夫容疑者(中央)=9月18日、大阪府守口市(小松大騎撮影)

 セメント、生コン業界の労働者らでつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部)の幹部や組合員計16人が、運送業者のセメント出荷業務を妨害したとして逮捕された事件で、大阪府警警備部と西成署は9日、別の業者に対する威力業務妨害容疑などで、関生支部副執行委員長、七牟禮時夫(ななむれときお)容疑者(52)ら5人を再逮捕し、新たに組合員3人を逮捕した。

 府警は8人の認否を明らかにしていない。8人の逮捕容疑は昨年12月12日午前7時~同9時ごろまでの間、大阪市西成区の生コン製造会社で、出荷業務を委託された業者のミキサー車の前に立ちふさがるなどして、業務を妨害したなどとしている。

 大阪地検は9日、9月に16人を逮捕した出荷妨害事件について、威力業務妨害罪で七牟禮容疑者ら7人を起訴し、9人を処分保留とした。

この記事を共有する

おすすめ情報